ショーデビューまで

子犬達のショーデビューまで1ヶ月を切った。
リードを着けて歩く練習をしても、道端の草が気になる…煙草の吸い殻が気になる…落ち葉が気になる…
なかなか前に進まないじゃないか〜(^_^;)
フードで釣ると、そりゃあもう二重犬格かと思うくらいによそ見をしない…
何でこんなに食い意地張ってるんだろう?(笑)
まだ4頭一緒に食べてるから、もたもたしてたら食いっぱぐれるからかな?



オス・メス2頭づつ居るので、どの子をショーに出そうかと悩む…
申し込みからショー開催日まで日数があるので、成長期の時はその間にボディが変わってしまう事がある。
まだまだ最終的判断は出来ないけど、当分はブリーディングをするつもりはないから1頭だけでもショーに出せる感じに成長してくれないかと願っている…
次はレティーで繁殖するのが妥当なのだろうけど、私はブリーディングに執着している訳ではなく、とにかく自分の頭の中にある理想に近いウィペットを「自分の犬として持つ事」に執着している。
理想に近いウィペットなら、自分の繁殖犬にこだわらず英国のブリーダーの繁殖犬でも構わない。
やっぱり、私が頭の中で思い描いている「私の理想」のウィペットは、英国にしか居ないだろうと思う。
口では上手く説明出来ないのだけど、しっかりと映像で頭の中にある!!
まずは自分の理想のウィペットを持てれば、ブリーディングも自然の流れだろうと…
だから、特別にブリーディングする事に」にこだわってる訳ではない。
ブリーディングするかどうかは、その時の状況で判断しようと思う。



ここが、ハンドラーA氏とは考え方の違う所かな。
A氏はブリーダーでもあるのだから、自分で「作る」という事にも思い入れがある…
英国から輸入しないといずれは行き詰まるだろうから、私は英国からA氏はブリーディングで…
考え方が違うからこそ、道が開ける事も多いにある(笑)





b0268228_10555843.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-29 07:26 | ウィペット