持病 その1

b0268228_111204.jpg

金曜は2ヶ月に一度の歯科検診だった。
歯のクリーニングが主なのだけど、私は重度の顎関節症で今の歯科医にかかってからは既に6年目に入る。
その前に行った歯科医では「治せる自信がありません」と言われた。
ひどい全身症状があったから、その言葉を言われた時は地獄に叩き落とされたような感じだった。



今の歯科医には開院して間もない頃から診て頂いているのだけど、かなり良くはなっているが全身症状はまだまだ取れない。
顎関節症は命に関わる病気でも入退院を繰り返さないといけない病気でもない。
でも、完治もない病気だ。
治療には長い時間をかけないといけない。
噛み合わせが落ち着くまでにも数年かかる。
体調には波があるが全身症状としては、首・肩・背中の凝り、腰痛、頭痛…その症状から来る吐気、むくみ、お腹の不調…
悪い時には、そんな状態が軽〜く1ヶ月でも2ヶ月でも続く。
そうなると、全身が辛いから眠りが浅くて朝も起きられなくなる。
2年近く前には、平衡感覚がおなしくなり車の運転も出来ない、立っていられない、真っ直ぐ歩いているのか自分でも分からなくなり、1週間ほどは仕事にも行けない状態になった。
慣れているから、頭痛や体中が痛いという状態でも普通に生活出来る。
頭がガンガンして割れそうに痛くても、普通に笑って話していられる(笑)



もし、他の病気で同じような症状が出た場合には、私は気付かないと思う。
それが怖い(>_<)
あまりにも頭痛がひどい時には、次の朝に私が生きているか確認してくれと家族に頼んでおく(笑)
ストレスや体を冷やす事は厳禁。
歯科医なのに、私に温泉に行って体を温める事を勧める先生。
それも、その日の「吉の方角の温泉に行くのが良い」と言う面白い一面を持つ歯科医だ(笑)
でも、いつも私はストレスの塊…(^_^;)

金曜の診察では先生に「○○さんには、僕が勉強させてもらってるんです」と言われた。
悪く言えば実験台(笑)
これからも、私の経過そのものが先生にとっての資料になって行く。
私としても、熱心に診て頂けるなら嬉しい。
どうせなら、私の経過を論文にして学会で発表して欲しいくらいだ(笑)



歯そのものだけでなく、歯ぐきを良い状態に保っていないと噛み合わせが安定しないから、私にはプロのクリーニングは欠かせない…
歯の噛み合わせって本当に大事…


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-11-13 09:40 | 日記・コラム・つぶやき