英国のビデオ

最近、英国で制作されたウィペットのビデオを入手した。



解説が入っているが、英語の得意な私?には△δ×○☆□◎~▽(^_^;)



スタンダード・ドッグショー・コーシングなどなど、ほんの30分程度のビデオの中身は盛り沢山。



コーシングの事は良く分からないけど、日本だったら安全を考えてマズルガードを着けて走らせていると言う印象があるが、ビデオの中では全く着けられていないのに驚いた。



競技前には体重測定と体高測定も行われていた。
それは何を意味しているのか、英語の得意な私には全く???だった。
体重や体高によって○○kg級とかってクラス分けされているんだろうか?
向こうではコーシングがボクシング並み?(笑)
日本でも、体重などでクラス分けされてるんだろうか?



そしてドッグショーのアトラクションで、ウィペットと指導手の数ペアがデモンストレーションを行っている様子もあった。
これにはビックリした。
ウィペットに、こんなに訓練が入るものなのかと!!



最後は、90年代にクラフトでBISを取ったダッチゴールドの映像で締めくくられていた。
ウィペット愛好家にとって、ダッチゴールドは伝説のウィペット…



なかなか面白いビデオだった。












[PR]

by whippetsyndrome | 2007-06-06 06:47 | ウィペット