ワクチンの常識?

今日は子犬の話題から少し離れ、ワクチンの話。



ブログを少々休止してた時に、ネットで調べ物をしてたら面白い記事に出くわした。



ワクチンは1年に1度と言うのが愛犬家の常識になっているが、その記事によると1年に1度では過剰接種だと書いてあった。
興味をそそられ読み進めて行くと、既にアメリカや諸外国では3年に1度の接種に切り替えているとある。



人間に置き換えて考えてみると、小さな子供はいろんなワクチンを接種するが年に1度、しかも大人になっても延々接種する事など考えられないと。
インフルエンザのように毎年型が変わるものや、季節的に老若男女問わず大流行する病気・抗体の持続期間が短いものは別として。



日本でも3年に1度のワクチネーションを取り入れている獣医さんも出て来ているらしく、記事の中にはそのような動物病院を検索出来るようになっていた。



ただ、ワクチン接種は動物病院の一番大きな収入源でもあり、勿論動物薬品会社でも大きな売り上げを占める部分である事がネックになり、あまり公にならないようにしているとかどうとか…



病気の種類によっては、抗体の持続期間が1年ほどのものもあるらしいが、記事の中ではそういうものは個別に摂取すれば良いのではないかと…
現実的には、その病気に感染する確率より1年に1度と言う過剰摂取でのリスクの方が明らかに大きいと訴えていた。



飼い主にとっては、3年に1度で良いならとても有り難い事だが…



専門家でも否定・肯定、さまざまだろうと思うし、私自身は専門的な事は分からないので何とも言えないが、興味のある問題だ。



今までは1年に1度が当たり前だと、疑いもせずに接種を続けていた。
ホントのところはどうなんだろう?



獣医さん、損得抜きでホントの所を教えて下さい(笑)と、言いたい気持ちだ。



今後、犬のワクチネーションに変化が起こるのかどうか?



なかなか面白い記事だった。




[PR]

by whippetsyndrome | 2007-08-10 11:20 | 日記・コラム・つぶやき