歯科専門病院

友人でありファミリーでもある方から、HPの掲示板の方へ朗報が寄せられた。



千葉に動物の歯科専門病院が出来た。



面白い事に、その病院を立ち上げたのが人間の歯科大学だ。



その大学では以前から、動物の歯の研究もしていた。



破損した鳥のくちばしを再生したり、犬の歯の事も勿論…



鳥はくちばしが破損すると餌を食べる事が出来ない。
それを人間の歯科技工のように人工的に復元したりする。



その大学に通う学生さんに教えて頂いた話によると、犬の歯根はとても深い所にまで達していると言う。
犬歯に至っては目のすぐ下まで来ているらしい。
目の病気が実は歯の神経が問題だったと言う事もあると…



犬は虫歯の発生は極めて少ないが、歯石付着や歯肉炎予防の為に歯磨きをしている飼い主は多い。
その歯石取りの為にヒヅメやアキレスを頻繁に与えている方も少なくない。



しかし、硬いものを頻繁に与えると非常に早いスピードで歯は摩耗し、ひどい時は神経部分まで擦り減る。
もっと酷い事例では、歯に亀裂が入り真っ二つに裂けたと言うのがある。
アメリカでペットの歯学を勉強された獣医さんの話では、今の日本のペット医療では歯の専門的治療は難しいらしい。
大学の獣医学部でもほとんど学ばないと言う。



神経は目で見えないだけに、飼い主も気付かない事が多い。



人間でも歯の痛みは堪え難い。



歯の専門病院が出来る事は、本当に有り難い事だと思う。



最近、我が家のマーチンの歯が1本変色しているのを見つけた。
薄く赤紫っぽく、歯全体が変色している。
外側からの変色ではなく、内部からの変色だと素人目にも感じる。



痛みは全くないようで、硬いフードも食べるし冷たい水も問題なく飲める。



日常生活に何の問題もないが、神経の傷みの問題だとしたら将来的な事が心配…



その大学の学生さんに聞いてみた所、何か薬を飲んでいる場合は薬の影響で歯が変色する事もあるらしいが、マーチンは薬を常用していない。
多分、ぶつけたり強い衝撃を受けて神経に何らかの問題が起きたのではないかと…



近い内に県内の病院へ連れて行こうと思う。



アフガンのローレンやマミーの手術の時、ミミやキングが亡くなった時にも思ったが、いろんな経験をさせてもらってるな〜と…



人から聞くよりも自分の愛犬で実際に経験した事って、一生忘れない知識になるな〜って…


[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-05 09:57 | 日記・コラム・つぶやき