設計

12月から田んぼの埋め立て工事が始まり、年明けから家の新築工事が着工となる。



今は設計を進めている段階だが、現時点で5パターンの設計が上がって、6パターン目が進行中。
なかなかもろ手を上げて喜べる設計が上がって来なく、却下却下で6パターン目…



屋根の形や外観は気に入っても間取りが気に入らない時や、またその逆も(^_^;)



住む人間や遊びに来た人達が快適に過ごす為にも、まず犬のスペースや道線を上手く作りたい。



大型犬を室内で飼った事がない設計士には上手く伝わらない部分もあり、なかなか私の理想としている形に上がって来ない。



面談の度に事細かく説明し、次回に期待するのだが(笑)



犬&私の部屋とLDKはタイル張りを予定している。



b0268228_5235082.jpg








INAXからペット対応の傷が付きにくく滑りにくいと言うタイルが沢山出ている。



ファミリーさんで、タイル張りにしている方に意見を聞いてみたところ、表面がザラザラし過ぎていると掃除が大変だとアドバイスを頂いた。



着工後にはこのブログが『マイホーム新築日記』になりそうだ(笑)



でも今後、ペット対応住宅として新築やリフォームを考えている方の参考になれば嬉しい(^O^)



果たして湿度が高く雪国である富山で、タイル張りで難なく冬を乗り切れるのか???



そもそも、我が家の建築工法でタイル張りが可能かどうか???



もしかしたら、失敗談が一番良い参考になるのかも知れない(笑)



設計上可能ならば、ウォークインクローゼットのようなバリケン収納スペースも作ろうかと考えている。



ただでさえ狭い部屋なのに、アフガン・ラブ・ウィペットのバリケンを置くと私の寝るスペースは?(笑)



一応2階に主寝室はあるが、やっぱり犬と近距離で寝た〜い♪



これだから、設計士さんを悩ませる(^_^;)



どうか…設計士さんが円形ハゲや胃潰瘍になりませんように…(@_@)



私が気に入ったタイルを貼ると、こんな雰囲気になる。



あえて目地を太目に取り、ラインを生かした感じ。



タイルの表面は木目調になっている。






[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-12 09:50 | 日記・コラム・つぶやき