ウィペットの介護 便利グッズ その2

今回紹介するのは床ずれとも関係があるのですが…

マーチンは左側面を下にして寝ているのですが、寝たきりになった場合は右側面を下にしたり交互に体の向きを変えてやらないと床ずれの予防が難しくなります。

ところがマーチンは、どうしても右側面を下に寝かされる事を拒むのです( ; ; )
人間も犬も、寝ている時って無意識の内に好む(自分の楽な)向きになっているものですが…

それは通常、動けるからであって、ずっと寝たきりの場合に同じ向きで寝かせる事は血流も悪くなり宜しくないのでは?と、思います。

何とか右側面を下にして寝てくれないかと、何度も試みました。
が、どうにも嫌がって自分で向きを変えようと動くため、マットからはズリ落ち床をズリズリ…
結果、骨張っている部分が床に擦れ出血!!

せっかく床ずれが良くなっていたのに水の泡…

24時間、見張っている事も出来ないので、これを解消すべく何か良いモノがないかと…


そして、コレ!!

b0268228_9125817.jpg


コレは、人間の赤ちゃん用のプレイヤードです。
中段を取り付ければ、簡易式のベビーベッドにもなります。



b0268228_9142934.jpg


マーチンには中段を付けてベッドとして使用。
これで右側面を下にして寝かせても、床をズリズリ動く事を防止出来ますし、これからの季節は暖房を点けていても床に近ければ近いほど冷えてしまいますから、底上げをする事で暖を得られます。




b0268228_918742.jpg


有難いことにキャスターが付いているので、部屋から部屋への移動、日光浴のための窓際への移動がとっても楽になりました。

今までは、移動には二人掛かりでマットを持ち上げていました。
床ずれやキズがある部分を触らないように抱っこするのは、非常に難しいのです。




b0268228_921432.jpg


人間の赤ちゃん用なので、こんな可愛いオモチャも付いて来ました(笑)




b0268228_9225546.jpg


寝心地は如何でしょう?マーチン
何だか本当に赤ちゃんみたいですね(笑)



b0268228_9244498.jpg


横から見た感じはこんなです。
中段を外すと、赤ちゃんが立っても外には出られないぐらいの深さになります。
小型犬や子犬をちょっと入れておくのにも使えそうです。

ただ、耐荷重は10kgまでです。
中段に関しては8kgまで。
マーチンはかなり痩せてしまって、10kgを切っていますが8kg以上はあります。
重量オーバーなのですが、中段の上でバタバタ動いたり寝返りを打つこともしないので難なく使用出来ています。

本当は木製のベビーベッドを買おうとネットで検索していたのですが、このプレイヤードが出て来たものですから、こちらを選びました。
ベビーベッドより一回り小さく、マーチンが丁度良い大きさなので女の子やウィペットより小さい犬種は問題なく使用出来ます。
マーチンより大きい男の子となると、木製ベッドの方が良いと思います。

木製ベッドもお安いのでは1万円代で買えますし、下段が収納スペースとして使えるので優れもの。
一つ問題なのは、ガードの柵から手足が抜け出てしまうので、様子を見て危険だと思えるようならプラ板等を付けた方が良いです。



b0268228_9352478.jpg


このプレイヤード、簡易式と言うだけあって収納時にはこんなにコンパクトになり長期間使用しない時にも場所を取らずに仕舞っておけます。

犬舎にもシニア達が何頭かいますので、そっちで寝たきりの子が出れば楽に持って行く事も出来ます。

ネット購入で、¥11,500(送料込)でした。


参考になれば幸いです。



~おまけ~

夫が…


『お~い! マーチンがパナマウントベッドに寝とるぞ~!!』


『パラマウントベッドじゃ~ありませんからッ!!』


『ウィペット用のパラマウントベッドじゃないの~?』


『そんなもん、売ってませんからッ!!』


『ふぅ~ん…』


『パ~ラマウントォ~~~~♪』




どうやら、この男にも介護が必要らしい…(^_^;)
[PR]

by whippetsyndrome | 2013-11-09 07:00 | ウィペット