フィラリア予防 注射タイプについて


良い獣医さん、動物病院に出会いたいと思うのは、犬を飼っていれば誰でも思うことですよね?

私もそうです。

特に私はいろんな経験をして、東京の大学病院や名古屋の整形外科専門の有名な先生に出会っていますから、近く(県内)でも良い獣医さんに出会いたいと切に願っています。

仕事柄、動薬業者さんとの付き合いが深いため、いつも良い動物病院があったら教えて欲しいとお願いしています。
出来るだけ先生の経歴も調べてもらっています。

つい最近も、県内には3つほど新しい動物病院が開院したと教えて頂きました。
その内の一つの病院の院長さんがメールマガジンの発信をしていらしたので、早速メルマガ会員に登録したところ、昨日初の配信がありました。

春も近づき、フィラリア予防の内容でした。

数年前にも注射タイプのフィラリア予防薬(6ヶ月間)が出ましたが、副作用の報告も多く警戒され取り扱わなかった獣医さんも多いのですが、この2~3年前に新しく出た予防注射は12ヶ月も効力がある上に、副作用は混合ワクチンより低いほど安全なものだと書いてありました。

12ヶ月間の効力を考えても、春の混雑時に病院に来なくてもいつでも接種出来る利点もあると…

価格的にも内服薬と差ほど変わらないそうです。

前々から注射タイプを考えていたのですが、良く良く考えたら一つ疑問が?

ワクチンアレルギーの子にはどうなんだろう?

家にも居ますからね…完全ワクチンアレルギーの大蔵くん!!と、ワクチンアレルギーの「疑い」があるゴッドマンが…

そこで、思い切ってその先生にメールで質問してみました。

返事は慌てないと書き添えましたが、早くも当日夜に丁寧な返信が届きました。

ワクチンアレルギーの事は過去の記事にも書いた事がありますが、ワクチンそのものにアレルギーが起こる訳ではなく、培養に使用する他動物の細胞や、ワクチンの定着を良くしたり長時間効果を持続させるために入っている「アジュバンド」にアレルギーを起こすのです。
(メーカーによってアジュバンドの種類が違ったりします)


お返事には、注射に入っている蛋白に対してアレルギーが起こる可能性があるので、個人的には勧めないと書いてあり、メーカーに事例があるかどうか等、詳しい事を問い合わせてみるとも書いてありました。

わざわざ、メーカーにまで問い合わせをして頂く事になり恐縮したり、熱心さと誠意ある返信に感動したり…

昨年、ファミリーさんにも注射タイプはどうなのか?と質問され、きちんとした知識がない状態で無責任なアドバイスも出来ませんので、獣医さんと副作用の事も含め、良く相談して下さいとお返事した覚えがあります。

北陸ではまだ1年間を通してフィラリア予防をするほどではないですが、温暖な地域は考えますよね?

でも更に良く良く考えると、家のワンズ達は春の狂犬病予防接種の時に血液検査をしてフィラリア薬をもらって来ているので、注射タイプのフィラリア薬にすると…

狂犬病の時とは別に、もう一度病院に行かなくてはならなくなる!!(笑)

多頭数だと、なかなか大変だな~(^_^;)
でも、ワクチンアレルギーがない子なら注射タイプはなかなか良いのではないかな?



[PR]

by whippetsyndrome | 2014-02-27 09:41 | 日記・コラム・つぶやき