カテゴリ:ウィペット( 183 )

三連休 ルチルの里帰り

この三連休、久し振りに来客が続きました。

2日(土)は愛知からショー仲間が遊びに来てくれました(๑≧౪≦)
本当に久し振り!!
仕事の方が不定休らしく、今回は「絶対に休む!!」と心に決めて富山までやって来てくれました(笑)

あさがおやすずらんとは初めてのご対面…
大蔵とは、随分久し振り…

b0268228_19335317.jpg


大蔵は犬舎の運動場で皆と遊ぶのは2年半ぶりぐらい…
取り囲まれてフリーズしてしまいました(笑)



b0268228_1936111.jpg


リンリンとすずらんも久し振り。


b0268228_193842.jpg






そして、3日(日)には岐阜のルチルが里帰り(๑≧౪≦)
でも、岐阜から来たのではなく、新潟からやって参りました!!
前日、新潟でフリスビーの大会があったそうで、そちらに参加した後で犬舎に寄ってくれました。

子犬の頃は細身だったルチル…
小柄なのかな?と想像していましたが、体高も体重もすずらん以上に成長していました。
毛色が毛色なだけに、メチャクチャ迫力がある!!
チビでレッド一色のすずらんと比べるからですが…(^_^;)

そこで、あさがおとご対面させてみたら…
お互い、負けず劣らずの迫力でした。
やっぱり、ブリンドル一枚物は迫力がありますね~


b0268228_19454590.jpg


あさがお…
ルチルママの膝に遠慮なく!!


b0268228_19474485.jpg


ルチル&すず
ご挨拶
(手前であさがおが、間抜けな顔してますね~)


b0268228_1950365.jpg


主役になりたい大蔵…(^_^;)


b0268228_19505278.jpg


モザイクを掛ける手間を省かせてくれた、ルチルパパ…(笑)



b0268228_19514430.jpg


すっかりリラックスしてしまったルチル嬢



b0268228_2003269.jpg


姉妹の中で、どうしてだかルチルが一番好きな大蔵!!



ディナーはトンカツ!!

b0268228_2025256.jpg




翌日は白えびのかき揚げうどんやブラックラーメン、富山の名物を堪能して帰路に着いたハリジェイ家でした…
[PR]

by whippetsyndrome | 2013-11-06 20:04 | ウィペット

夏休み最後の日…マーティンと!BBQ編

私は前日に、マーティン家へ持参する富山湾の宝石「白えび」の刺身や昆布〆、地酒などを調達!!

当日は朝から白えびを解凍したり、準備は万端!!

夕方、A氏に迎えに来てもらい「魚の駅 生地」に寄り道してサザエを調達し、いざマーティン家へ!!



b0268228_6402654.jpg


マーティン家の表の道路に出ると、すぐに日本海!!


b0268228_6412956.jpg


カメラ片手に少々散策…


b0268228_6422143.jpg



b0268228_6423925.jpg


ほぼ、プライベートビーチ!(*゚▽゚*)

冬場は荒れる日本海も、夏はこんなに穏やかで…

人の姿は全くないので、きっとワンズも自由に遊べそうです。


b0268228_6453787.jpg



b0268228_6455860.jpg



b0268228_64623100.jpg


マーティン家、家が樹々に囲まれていて夕方になると涼しい風が吹いて来る…



男性陣(約2名ですが・笑)が炭に火を入れBBQの準備。

b0268228_650466.jpg




その間にも、カメラ女子はいろんなモノをパシャパシャ撮影(笑)


そして、懐かし~いモノを発見!!

b0268228_6513428.jpg



周りに樹々が多いので、蚊取り線香と電子蚊取りでテーブルに結界を張り!!(笑)

b0268228_655479.jpg




結界は効果絶大!!全く蚊に刺されませんでした!!

ところで、いつになったら美味しいモノが出て来るの…?


はいっ!お待たせ~!!

陸の幸・海の幸!

b0268228_657327.jpg


b0268228_6575286.jpg


b0268228_6581081.jpg



美味しかったぁ~(๑≧౪≦)


え~っと、ここでプチ情報ですが…

マーティン家全員、酒豪ですっ!!(笑)


人間達が盛り上がっている間…

カノンとマーティンは…

ちゃんと、カノンとマーティン用の野菜も準備されていましたよ(*^_^*)

b0268228_722937.jpg


マーティン家の皆様、本当にご馳走様でした。

お盆休み最後の一日が、とっても楽しく過ぎて行きました(*^_^*)

ファミリーパーティー、何とかしないといけませんね(^_^;)
[PR]

by whippetsyndrome | 2013-09-04 07:06 | ウィペット

夏休み最後の日…マーティンと!

7月下旬からマーチン爺の具合いが悪く、お盆明けからは完全に寝たきりになってしまい、益々更新する時間がなくなってしまいました…

そんな訳で、今更、お盆休みまで遡りますが…(^_^;)

8月14日~19日まで、東京のマーティンが隣町のママさんのご実家へ帰省されておりました。

一足先に、15日にA氏がそのご実家にエアコンの取り付けに伺い(本業ですからね~)

18日に、やって参りました!!
犬舎への里帰り!!

何しろ焼けるような暑さでしたから運動場へ出せたのも短時間でしたが、兄弟3頭で再会を喜んでいるようでした。

b0268228_684190.jpg


カメラ目線でニッコリしてるのは、すず・らん子!!(笑)



b0268228_694236.jpg


前回会った時より、男の子らしい雰囲気になってる!!



b0268228_695868.jpg


マーティン、顔がキレ~イ!!



b0268228_6102081.jpg


あさがお、一人で大はしゃぎして少々お疲れ…(^_^;)


2時間ほど話してマーティン家はお帰りになりました…

えっ!たった2時間???と、お思いでしょう、ファミリーさん!!

実は夕方からマーティン家のBBQにお招き頂いていたので、続きはその時に!ってことです(笑)
[PR]

by whippetsyndrome | 2013-09-04 06:18 | ウィペット

マーティンの里帰り

すっかり更新が遅くなってしまい…

今更かい!って思われるかも知れませんが、2週間前のマーティンの里帰りの模様をご紹介(^O^)


マーティンには東京でのショーで再会はしていたものの、犬舎への里帰りはお譲り後初めてでした。

マーティン家のママさんのご実家が隣町なのですが、今回は空家になっているご実家のメンテナンスに帰省されました。

どんな風に成長しているか?
ワクワクしていました!!

何と言っても、もうちょっとで我が家の子になりかけていたマーティンですから…(笑)



駐車場まで迎えに出てみると、ちょっと警戒しながら車から下りて来たマーティン…
30秒ほどで全てを思い出したようで、私に挨拶、A氏に挨拶、そして勢い良く犬舎へとぐいぐいリードを引っ張って進んで行きました。

b0268228_18513882.jpg


改めて私をチェックし…



b0268228_18524346.jpg


A氏に甘え…



人間達が話に夢中になって来ると暇を持て余し、夢の中へと…

b0268228_18544659.jpg






先住のカノンちゃんと上手くやって行けるか?と、かなり心配されていましたが、今では少しも離れられない存在へ…

b0268228_18563956.jpg





b0268228_18584433.jpg


オシッコタイム!
外へとお散歩に…

いよいよ犬舎の子達と一緒に運動場へ!!

b0268228_22335114.jpg


b0268228_22343739.jpg


最初は沢山のウィペットに囲まれ萎縮していたマーティン!
時間が経つと慣れて来て、マイペースに行ったり来たり…



b0268228_22354288.jpg


b0268228_22362847.jpg


兄弟3頭が惹かれ合うように自然と集結!!
マーティン・あさがお・すずらん


b0268228_22383166.jpg


まだまだ細っこいマーティンだけど、こうやって画像で見るとボディラインがパパのタイガーに似てる!!
年齢が行けば、きっとガッチリとタイガーみたいになるかもね(*゚▽゚*)



b0268228_22392414.jpg


散々遊んで疲れちゃったマーティン…
M姉ちゃんの膝枕でスヤスヤ(*^_^*)

またお盆に帰省されるとの事で、勿論!再会を約束してお別れしました。

マーティン家のパパさんに「もう一つ、富山に親戚が増えたみたいで帰省が楽しみになった」と言って頂けました(*゚▽゚*)
[PR]

by whippetsyndrome | 2013-06-23 22:47 | ウィペット

マーチン14歳

今週22日、マーチンが14歳の誕生日を迎えました。

正直、誕生日を迎えられないと思っていました。

先週始め頃から、酷い下痢が続きご飯も食べられなくなり更に激ヤセ…

少し食べると殆ど吐いてしまう…

常備している下痢止めを投与しましたが効果なし!
もしや、細菌性かと思い次は抗生剤を投与しましたが効果なし!

もうお手上げ…

マーチンは大の病院嫌いで、病院に連れて行くと異常なほどにガタガタと震え、心拍数が極端に上がってハアハア・ハアハアしてしまうので、先生にも余り連れて来ない方が良いかも…って言われるくらい(^_^;)

何しろ、10歳を超えた頃から心臓も悪くなっていて心拍数が急激に上がるのも危険。

どこか悪いトコがあるのかも知れませんが、もう麻酔には耐えられないだろうとの事で詳しい検査は出来ず…

で、常備薬をいろいろ揃え対処療法をやって行くのが最適という結論に。


今回は、老衰で消化機能がほとんど働いていないのでは?と思いますが…
それなら気休めでも整腸剤を投与して状態を見よう…


我が家は決まって「強力わかもと」

2年前に亡くなった黒ラブのレジー、あの子も晩年は下痢に悩まされ、お腹の具合いが悪くなると腰砕けみたいになって立てなくなることが何度となくありました。

ビオフェルミンを投与しても余り効果は出なくて、昔ながらの「強力わかもと」を投与したら効果テキメン!!
下痢が治まり、嘘みたいに立てるようになり運動場へ出て行く…
その繰り返し。

それ以来、我が家では「わかもと様様」 (笑)


b0268228_941339.jpg


↑ ↑ ↑  これが我が家の救世主「わかもと様」 (笑)

体質により、合う合わないがあるのでしょうね…

でも、流石は我が家の救世主、マーチンにも効果が出て来ました!!
まだ完全には食欲が戻っていないのですが、形のあるウンティをするようになりました(*^_^*)

今回驚いたのは、こんなに具合いが悪いのに運動場には出たがるのです。
幸いな事に、痛みや苦しさは感じていなかったのか???
寝たきりにならないように、したがる事・出来る事は極力させるようにしています。



2年前に一度、寝たきりになってしまったのに復活!!

昨年10月~11月に掛けても2週間もの間全くご飯を受け付けず、その時は覚悟をしましたが驚異の復活!!
この時はステロイドの副作用で、皮膚が赤くなってガバガバと毛が抜け、体中に大きなハゲが出来てしまいました(>_<)

今回も体は骨だけのように痩せて、元気な頃は14kgほどあった体重も今は9kg代になってしまいました。
そして、また驚異の復活!!
14回目の誕生日を迎えられました(*^_^*)

運動場ですずらんが大蔵を負い回し、そのすずらんのお尻をマーチンが追い回し、いつも団子状態!!(^_^;)

体力が落ちていても、女の子を追い回す気力だけは衰えないマーチン(笑)

今回は寝たきりにはならず、しっかり歩けていたのが救いでした。


b0268228_9525893.jpg


足腰が弱っても、どうしてもベッドに上がりたがるのでセミダブルのローベッドに買い換えました。



b0268228_9543389.jpg


運動場で散々すずらんを追いかけて、オネムに突入…


明日は東北インターなので、今夜こちらを出発予定にしていましたが、マーチンの傍を離れられないので私は居残り…
A氏一人で頑張って山形まで行きます!!

現地で会う約束だった友人の皆さん、また次回お会いしましょう!!



~おまけ~

新築から5年、ようやく壁にピンを刺す勇気が出ました…(笑)

長らく屋根裏収納で眠っていた素敵なタペストリーをウィペット達の部屋(私は居候)に飾りました!!

b0268228_1002569.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2013-05-25 10:13 | ウィペット

Runの里帰り

愛知のランがお譲り後初めての里帰りしました(*^^*)

予想外に落ち着いた男の子に成長していました!!

オスワリ・フセ・オテ・オカワリを指でのコマンドだけで完璧にこなしていました。

人懐っこくて、ご機嫌で …

b0268228_21242814.jpg


b0268228_21263051.jpg


b0268228_1191050.jpg


『オテ』です (笑)



b0268228_21283995.jpg


お兄ちゃん(トラッカー)、お久しぶりです!って、ご挨拶???



b0268228_21305451.jpg


お兄ちゃんとの再会に感動する間もなく、犬舎の子達にいっせいに囲まれ硬直してしまったラン!!(笑)



b0268228_21375535.jpg


やっぱり兄妹!!
あさがおとは一番にジャレ合いが始まりました(*^o^*)




b0268228_21381552.jpg



3時間ほどオーナーさんとお喋りして、石川観光へ向かわれるのを見送りました。
[PR]

by whippetsyndrome | 2013-05-03 21:40 | ウィペット

25周年???

今月5日、ハマーが天国へと旅立ちました。

後半は、10ヶ月にも渡る寝たきりの生活でした。

そして、父であるマーチンも残された時間は短いようです…

ハマーは何の因果か、母マミーの誕生日に眠りにつきました。

アルバムや血統書、ゆっくり見返してみました。

若い頃のショーの写真、もしかしたらミミやハマーとは一番数多くショーに行ったのではないかと思います。

長かったような…短かったような…



もっと古い、ハスキー時代の写真やラブラドール・アフガン達の写真も沢山あって、いろんな事を鮮明に思い出せる事にちょっと驚いたりして…


遡って良く考えてみると、犬舎設立から今年辺りで25周年になると言うことにも気がつき…


子育ての間はしばらく犬を飼っていませんでしたが、二女が3歳の時にはラブラドールとアフガンを飼い始め、ラブラドールはコンパニオンとして、アフガンはショーへ…

アフガンは静岡のハンドラーさんに預け、チャンピオンを完成すればショーも終わり…と考えていましたが、当時の知人がショーを辞めるのはもったいないからウィペットを持ってみないか?と持ちかけて来ました。

そして紹介されたのがA氏でした。

我が家から車で僅か10分ぐらいの所に、こんな方がいたとは全く知らず…

アフガンを静岡に預けていたせいもあって、地元の事は余り知らなかったんです。

ウィペットの事は勿論知っていましたし、どちらかと言えば好きな犬種でしたからA氏のお世話になる事にしたのがウィペットを始めたきっかけ。

ところがA氏といろんな話をしている内に、A氏が私のハスキーを自宅まで見に来ていた事が判明!!

私はバイトに行っていて、両親が応対していたらしく…

ご縁があったんですね(笑)

ウィペットを始めると決めた後にアフガンを預けていたハンドラーさんから、アフガンをもう1頭持ってアメリカで走らせないかとの打診がありました。

しかし、近くて頻繁に行き来出来るハンドラーさんの方が犬を預けても様子が見に行けるしベストだと思い、ウィペットに決め今日に至っています。

マーチンは私のファーストウィペット。

そしてハマーはウィペットではファーストチャンピオン。

ハマーは孫まで、マーチンは今年生まれたひ孫まで残してくれました。

何となく一つの時代が終わろうとしている…と感じていましたが、子供・孫・ひ孫達が血を繋いでいてくれました。


マーチンが何とか持ち直さないかと願っていましたが、もう食事も取れなくなりました。

英国からやって来て、超シャイで、痩せっぽっちだった子犬の頃を思い出してしまいます。



b0268228_1043696.jpg


今頃はマミーやミミ、女の子の取り合いで喧嘩したキングとも走り回っているかな?

ファミリーのmickyちゃんが言うには、ハマーは「女の子大好き仙人」なのだそうです(笑)
[PR]

by whippetsyndrome | 2012-11-17 10:06 | ウィペット

予防接種 終了

先週、ようやく犬舎の全犬の予防接種が終了…

A氏が2頭、私が2頭を連れ、4頭いっぺんに病院へ連れて行きました。

相変わらずこの季節、平日に行っても大混雑!!

病院到着から終了まで約2時間…(^_^;)


b0268228_7121747.jpg



b0268228_7121725.png



待合室は満員なので、外のベンチで待っていました。

ま~あ、カラフルなことぉ~(笑)





b0268228_7122044.jpg


柄のない子はボディのラインにごまかしが効かない…
その分、上手くボディコントロールすると一番美しい…








A氏が車へタバコを取りに行っただけで、後を追うのに必死!!
制御すると大人しく待つものの、行った先から視線を外さないお二人…
こうなると、もはや私の存在に意味はない(^_^;)

b0268228_7122183.png





フィラリア予防薬は後日取りに行く事にして早々に退散。
長い待ち時間はワンコも疲れます(+_+)



子犬以外、普段は体重を計る習慣がないので、ワクチン接種で病院に来た時に正確な体重を目の当たりにすると言う感じ…

男子は全頭、14kg代。

女子は一番小さいリンリンで12kg代後半、他の女子は全頭13kg代でした。

冬の間も大雪で出来た運動場の雪山を登ったり下りたり、冬期にしては結構運動量が多かった今冬…
ボディもイイ具合いに筋肉を維持していたので、もっと重いかと思っていましたが、こんなもんなんですね(^_^;)


目で見たベストなボディが頭に入っているので、ある意味、数字的体重管理はアバウト(笑)

同じ体重の子でも、筋肉と脂肪のバランスが良いボディと、そうでないボディの違いは一目瞭然。
体重って、病的な問題がある時や投薬時などの目安でしかない…と、私は思っています。

ご飯の量もパーッケージに記載してある「体重=分量」に左右されるものではないと言うのが経験から得た答え。

どちらかと言えば、その子の消化吸収力と運動量のバランス、フードが合っているかどうか、ってトコの方が分量を決めるのには重要だと思える。

例えば、大型犬なんかは子犬時にはフードの量は一生の内で一番多く与える時期かも知れないですが、ウィペットの場合はそうとも限らない…

ウィペットぐらいのサイズだと、生後4ヶ月ぐらいからは既に成長は緩やかになります。
成犬になって、パピー用よりカロリーの低い成犬用にフードに移行し、更に本格的な運動を始めるとパピー時より逆にフード量を多くしないといけない場合も…

そこを見極めるのが「目で見たベストなボディ」

筋肉の付きが足りないのか、はたまた脂肪の付きが足りないのか?

そこは数字だけで見る「体重」は教えてくれない部分。





b0268228_7113641.jpg

にほんブログ村
[PR]

by whippetsyndrome | 2012-05-23 10:06 | ウィペット

シーズン到来

何のシーズンって、フィラリア&狂犬病予防接種のため、せっせと病院へ通うシーズン到来です(笑)

犬舎のウィペットはA氏と私、ほぼ共同所有と言う形で協力し合ってケアをしていますが、厳密に言えばそれぞれの所有犬と言うのがあります。

A氏の所有犬=女の子4頭

私の所有犬=男の子4頭,女の子1頭

私の自宅=男の子1頭,女の子1頭,スムースダックス1頭

総勢12頭となります。

2頭づつ病院へ連れて行ったとして、6回!!

本日までに2グループ終了。



獣医さんが忙しさの余り「シーズンが来たなって感じ…」と、お疲れ気味にボソリ…(笑)

獣医さんも大変でしょうが、待ち時間の長い飼い主とワンズもお疲れ気味なのですよ~(^_^;)



が、12頭中、今年は2頭が予防接種を受けません。

1頭は昨年4月、一時立てなくなったマーチン。

もう1頭は、昨冬から足腰の調子が悪く、とうとう寝たきりになってしまったハマー。



フィラリア薬とワクチン等でかかる獣医さんはA獣医。

深刻な問題や、休日・夜間に何かあった時にかかる獣医さんはB獣医。



A獣医は一度でも立てなくなった子には、狂犬病の予防接種はしない主義。
詳しくは聞いていませんが、狂犬病の予防接種は立てなくなった子には打たない方が良いとのこと…
接種によって、脊髄に何らかの悪影響が出る場合がある云々…

そして、老犬で問題がある子ならワクチンもフィラリア薬投与も、もう止めましょう…派。



B獣医は立てなくなった子や体力がかなり落ちている子には、狂犬病の予防接種は止めといても良いでしょう…って感じ。
しかし、ワクチンとフィラリア薬投与は続ける派。
ワクチンに関しては、緩めのものを使用。
院内感染の恐れがあるため、ワクチンだけは打たないとダメ…
未接種の子の手術は受けない主義。


どちらも犬を思っての事には違いありません。

飼い主の意思も大きいところ…


私の場合、上記2頭に関しては狂犬病の予防接種はやめています。

役所に行って、こうこう…こういう状態なので獣医さんに打たない方が良いと言われました…と、口頭で伝えて、届いた案内ハガキを返却して来るのです。

ここ!!ですよね…?
良く、飼い主さん達の間で話題になるのは…

獣医師の接種免除の証明がないと通らない役所もあれば、私のところのように飼い主の自己申告だけで通ってしまう役所もあります。

ただ、犬籍登録を抹消した訳ではないので、案内のハガキは毎年届きます。
ですから、毎年役所に行って説明する訳です。


正規ルートでの動物の輸入は、入出国の検疫で狂犬病の心配はないと思います。

じゃあ密輸?
密輸って、どんな動物で行われているんでしょう?
爬虫類?両生類?


それって狂犬病の恐れが現実問題ではないですよね?
哺乳類ではないし…





意外なものなんですよ…現実は…

富山にはロシア船が入って来ます。(富山だけじゃないでしょうが…)

ロシアの船舶は「航行の守り神」として、船に犬を乗せて来るのです。

乗組員の愛犬達でしょう。

で、寄港している間、船員とちょっと陸(おか)を歩いたりするらしいんですよぉ~
人は通り抜けられないフェンスや門扉でも、体の小さなワンコは通り抜けちゃったりするらしく、航行の日程もありますから、戻らない犬はそのまま置き去りで船は港を出て行くのです。

もう一つ、専門家から聞いた話は、これまた船なんですが…
海外から農産物等を載せた船舶に多いのが、貨物室やコンテナの中に紛れ込んでいる「コウモリ」

コウモリって狂犬病発生国では、感染源として知られているようです。

飛びますからね…なかなか捕まえられない…
暗い所で動かないでいると、気が付かない。

コウモリがどれほど他の動物と接触するか?と考えると、接触なんかするか~?っと思ってしまいますが、発生国では事実、コウモリから感染と言う事が少ないないようです。

なきにしもあらず…
そう思って、毎年せっせと接種に行くしかないですね…


あ~、あと3グループ…(^_^;)


昨日のグループ、リンリン嬢とタイガー坊

タイガー坊、このミョ~な体勢はなに???

b0268228_712138.jpg



待合室のイスの下、特に何もないのに、頭を突っ込んでジ~…

もしや、隠れているつもり??????????

あなた、なかなか不思議ちゃんね~(笑)

b0268228_712156.jpg





b0268228_7113641.jpg

にほんブログ村
[PR]

by whippetsyndrome | 2012-05-08 19:53 | ウィペット

ご先祖様

マーチンもハマーも年を取りました。

彼らの子供達でさえ、早くもシニア。



ちょっとご先祖様を紹介しようと思って、いろいろ調べていたのですが、脈々と続く血にワクワクしてしまいました。

ウィペットのスタンダードが確立されたのは、1900年代初頭。

それまでは、名ハンター、または名レーサーとしてのウィペットの方がポピュラーだったのかも知れませんが、人々がドッグショーにも楽しみを求めるようになると、当然基準が必要になって来ます。

しかし、その1900年代初頭にスタンダードが確立される前にもドッグショーは開催されていて英国チャンピオンのタイトルを持っている子も存在していた模様です。



ちょうど、スタンダードが確立された頃に生まれた子達が↓ ↓ ↓の子達です。

b0268228_7121142.jpg



b0268228_71211100.jpg


1900年代初頭のウィペット達です。

それだけではありません。

これらの子達は犬舎のウィペット達の先祖に当たる子達なのです。

今のウィペットと基本的なボディライン、頭部のラインも顔も大きな違いはありませんが、やはり首が太く短い、いわゆるオールドタイプです。

ただ、今のウィペットより正面から見た感じの頭部は、やや丸みがあると思われます。

サイズはかなり小さいでしょう。

スタンダードが確立された当時は、体高ではなく体重が基準だったようです。

9kg強と言った感じで、オス・メスでの体重の違いは明記されていないようです。

これだけの体幅があって、筋肉も付いているのに9kg強と言う事は…

そういう事ですね。

その後、何度スタンダードが改正されたのかは定かではありませんが、一番最近では2006年辺り。

もう長く、基準は体重ではなく体高となっていますが、それでもある程度の体重は暗黙の了解と言うところでしょう。

体重は骨量と筋肉量でかなり違いますから、外観的なサイズとはまた違うと言うことです。








更に遡って調べて行くと、1800年代後期のウィペットにまで辿り着きます。


b0268228_7121238.jpg


この子は1889年生まれの子です。

スタンダードが確立される以前のウィペットです。

これより上の代では、せいぜい1代か2代、名前が残っているだけで、詳しいデータや画像は見つかりませんでした。

ハンターとして、より優れた子、また、レーサーとして、より優れた子を作る為に血統の近いオス・メスでの交配が今より常識的だった時代だったのでしょう…

マーチン、レティー、タイガー、それぞれ多少血統の違う子達ですが、彼らの血統を遡って行くと最後はこの先祖に辿り着くのです。

つまり、犬舎から巣立って行った子犬達全ての先祖なのです。

目で見れる、一番古いご先祖様… 限りなく始祖に近いウィペットと言うわけです。

この子も、没後100年以上経って、こうやって紹介されるなど思ってもみなかったでしょう(笑)


流石に犬大国です。

1900年代のウィペットの多くは、ブリーダー、オーナー、賞歴などのデータが明確に残っています。

当該犬は勿論、ブリーダーもオーナーも既にこの世にいない後世になって、こうやって人の目に触れられると言うのは凄い事ですね…


私、自分の先祖もせいぜい曾祖父ぐらいまでを遺影でしか見たことないのに、愛犬の先祖をこんな上まで見ているんですね(笑)




あらためて考えると、この先はどこまで続くのやら?

犬舎で続いて行かなくても、英国を始めヨーロッパ各国では永遠に続いて行くのでしょうから、私が心配する必要はないですが…(笑)





b0268228_7113641.jpg

にほんブログ村
[PR]

by whippetsyndrome | 2012-05-04 04:12 | ウィペット