カテゴリ:ウィペット( 183 )

珍百景!!

A氏に代わり、犬舎の犬出しをしていたある日…

こんな光景を目にしてしまいました!!







b0268228_712441.jpg



      ? ? ?






もうお一方、怪しいアクションを仕掛けている方が…

b0268228_712672.jpg








そして…

b0268228_712884.jpg





よく体勢崩さずに完成させたもんですね~(笑)







あれッ!
もうお一方、参加したいようですが、真横から割り込もうと…


そして、頭 ゴンッ!!

b0268228_7121169.jpg





この五人さん、全員Girlsです(笑)

内、三人さんヒート中なので、こんな珍百景が見られたわけです(^_^;)





b0268228_7113641.jpg

にほんブログ村
[PR]

by whippetsyndrome | 2012-04-21 07:30 | ウィペット

子犬ちゃん (*^。^*)

6月7日(火) 男の子4頭・女の子2頭



元気な6頭の子犬達が誕生致しました(*^_^*)





b0268228_23134922.jpg




第1子   長男 エリシオン    レッド&ホワイト

b0268228_2317583.jpg




第2子  長女 ノア     レッド&ホワイト

b0268228_23174092.jpg




第3子  二男 エスティマ     レッドブリンドル&ホワイト

b0268228_231878.jpg




第4子  三男 アルファード   ブルーブリンドル&ホワイト

b0268228_23182930.jpg




第5子  二女 セレナ     ブルーフォーン&ホワイト

b0268228_23193336.jpg




第6子  四男 ヴェルファイア   レッドブリンドル&ホワイト

b0268228_23195876.jpg






名前はあくまで仮名です(^_^;)



前回はゲーム名でしたが、今回はワンボックスカーの車種名で(*^。^*)



画像は出産翌日です。



エリシオンとノアの動画をUP!!

MOVIE

[PR]

by whippetsyndrome | 2011-06-10 05:35 | ウィペット

祝・出産!!

約2年振りの出産です(*^_^*)



つい最近生まれたばかりだと思っていたタンポポも、良く考えるともうすぐ2歳になるんですね~(^_^;)





今回はタイガー × レティーのBaby達です。



レティーは4年振りの2度目のお産ですが、今回がレティーの生涯最後のブリーディングでした。

タイガーとの組み合わせは最初で最後です。



この組み合わせのブリーディングには大きな期待をしていました。



自分なりに、血統的にもベストだと思っていたからです。



理由はこちら ↓↓↓



「ancestor_table_for_tiger_x_letty.HTM」をダウンロード





英国の伝説の種雄、フェーガルの血がかなり高い数値を示しているのです(*^_^*)



フェーガルは素晴らしいウィペットを多数作出しました。



タイガーとレティーのブリーディングで、そのフェーガルの血が色濃く出て来るのは嬉しい事です。



子犬達は皆、元気いっぱいです(*^。^*)



今回も摩訶不思議!!



レティーと同じ毛色の子は1頭もいません。



前回の時もそうでした。



本当に誰に似たの?と言う子も(笑)



子犬達の紹介は次の記事で!!


[PR]

by whippetsyndrome | 2011-06-09 10:01 | ウィペット

経過


結局は月曜になっても激しい下痢は治まらず、昼に病院に電話したら夕方受診するように言われ、仕事を1時間早退し病院へ…

ステロイドを中止して丸3日経ちましたが、ステロイドによる下痢なのか定かではなく…

ストレス性の下痢と言うのが一番有力ではあるのですが、ステロイドの影響も多少なり重なってと言う可能性も。



4日分の下痢止めをもらい、様子を見ることに。



食欲がないことも相談しましたが、このあと2~3日は腸を休ませると言う意味でも食べなかったら食べなくても大丈夫とのこと。

結局、その日は夜中まで下痢が続きました。



火曜になり、下痢止めの効果を楽しみにしていましたが、全くウンティは出ず…
下痢をしないだけでも効果は出ているような気もしましたが…



ウンティは出ないですが、少しご飯を食べるようになり…



そして水曜、すっかりイイ感じのウンティが出て、ご飯はぺロっと残さず食べました!!



表情を見ても、ストレスが取れたのか?それとも慣れて来たのか?



木曜、下痢止めを飲みきったので再度病院へ…
先生としては何とかステロイドを再開したいと…
それは私も同意見。

でも今回は慎重に進めましょうとのことで、通常はステロイドと吐き気止めをセットで投与するところを、更に下痢止めもプラスしてスタートすることに。
1週間、下痢をしないでくれれば下痢止めを止めてみるとのことでした。



その夜から再度ステロイドをスタート!!





翌朝、運動場に出すと…
走ってます、マーチン!!
欽ちゃん走りです(笑)



そして、調子が悪くなる前にやってたことをやるようになりました。



b0268228_22502893.jpg


いつも、おもちゃをいくつも咥えて走るのがマーチン流…
調子が悪くなってからは、まったく咥えなくなっていたのにご覧の通り(*^_^*)



b0268228_2251141.jpg



MOVIEの方にもマーチンの軽快な走りをUPしています(#^.^#)

[PR]

by whippetsyndrome | 2011-05-21 04:19 | ウィペット

新たな問題



ステロイドの投与を開始し、僅か2~3日で小走り出来るようにまでなって、本人も嬉しそうにしていたのも束の間…



水曜辺りから少しづつ便が緩み始め、金曜からは完全に下痢が始まり…

ご飯を食べたり食べなかったりしていたので、薬が胃腸に強く当たったかな~と思っていましたが、昨日朝一番で病院へ…



しぶりのせいだとは思いますが、鮮血が混じって来ているし…



まず考えられるのは、ステロイドがマーチンの体に合わない可能性。



取りあえず3日ほどステロイドを中止し様子を見る事になりました。



ステロイドで効果があっただけに、もしそれが体に合わなくて使えなくなるとキツイな~



効果がなかったのなら投与を止めても良いのですが、これだけ顕著に効果が出ていると何とか投与を続けたい。



自由に動けるようになって本人もとても嬉しそうにしていると話すと、先生も 「う~ん…」 と唸っていらっしゃいましたが…



まずは下痢の原因を突き止める事が先決ですからね。



3日経っても下痢が治まらなければ、何か別の問題が起きている事を疑わなくてはいけません。



今日も相変わらず激しい下痢が続き、治まるどころではありません。
今の状況から言っても、明日の夕方までに治まるとは思えません。



余り食べない上に激しい下痢…
体力的にもかなり厳しい状況に追い込まれてしまいました。



それとは裏腹に、本人は皆と一緒に運動場へ出るのが楽しみで仕方がない模様…
たかだか5日間のステロイド投与が、まだ効いているようで…
(その様子はMOVIEにUPしてあります)





どうしても体を汚してしまうため、日に2度も3度も体を洗わなければならない時も…
マットや毛布の洗濯も、日に数回…
アタック・Neoを2日で1本、使い切りました(笑)

出来るだけ負担を減らすために、シャンプーは使わずに汚れた部分だけをシャワーで流し、極力短時間で済ませるようにしていますが、食べてくれない事には体力は回復しないしね…



下痢の時に余計な混ぜ物はしない方が良いし、どっちにしても食欲が出ないと何を混ぜても…



マーチンにも私にも、昼も夜も関係ない…
早く元気になって、お互いにグッスリ眠れる夜を迎えたいですね。



明日、再度病院に行って先生と相談です。



明日からまた1週間が始まります。
仕事から時々戻って様子をみてやらないと…
イイ具合いに明日から二女が中間試験で、学校が昼で終わるので連絡も取り合えるし少しは安心です。








[PR]

by whippetsyndrome | 2011-05-15 11:15 | ウィペット

クララが立った!!の心境



月曜からステロイドの投与を始めたマーチンですが、相変わらずは食欲は余りないようで…

伏せは出来ても立つ事は無理…
でも寝たきりになると、赤ちゃんがえりしたみたいで可愛いんですよ~(*^_^*)





今日の早朝の事です。
またクンクン鳴いてるので、オシッコとウンティを我慢しているのかと思いベッドから出ると、いつも寝ているマットにマーチンの姿がありません!!



何と、運動場の出口の土間の所に立っています!!



立っていたんですよ!!



寝ぼけていたせいもありますが、一瞬 「この子誰?」 って(笑)



スッカリ目が覚めました!!



マーチンはニッコリ笑っていました(*^_^*)
思いっきり笑っていました(笑)
その画像がないのが残念ですが…



正に 「クララが立った!!」 の心境でした~





それだけではありません。
立ったと言っても麻痺があるので歩けないだろうと思いましたが、イチかバチか胴輪で体を支えながら運動場に出してみると、何と小走り!!
転倒しないかと、リードを持つ手に力が入りました。



これがステロイドの効果と言うものなのですね…
多分、炎症が治まった分、神経に触れる部分が少なくなったのでしょう…
まだ、一人で歩かせるには不安はありますが、本人はニッコニコ(^。^)



そんでもって、調子に乗ってベッドに飛び乗ろうとしてコケてました(笑)



ほんの短い動画ですが 「MOVIE」 の方に様子をUPしました。



明日はどうでしょうね…


b0268228_22473985.jpg


b0268228_22475944.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2011-05-12 10:32 | ウィペット

決断

土曜日、病院へ行って来ました。



いろんな事が重なり、結局はステロイドでの治療を選びました。



食欲減退での痩せと体力低下は勿論ですが、昨秋、近くの病院で受けたワクチンの際に心雑音が確認され、そちらの先生からは年齢的なものだから無理はさせないようにとの事だったのです。



しかし、土曜の聴診では投薬が必要なほどだと言われました。



食欲がなくなったと言うと



『う〜ん…』と、唸る先生。



心音を聞いて



また『う〜ん…』と、唸る先生。



先生は決断に関しては口を挟まれませんが、話しているニュアンスから察するとMRIはやめておいた方が…と言う感じに受け取れました。



『このまま家で介護してやろうと思います』



『うん、うん、うん』





その言葉を待っていたと言う感じに見えました(笑)





でも、手術での麻酔とMRI検査の麻酔は違うのかな?と、素人ながらに疑問…



手術の場合は注射での麻酔の後、微妙な麻酔濃度調節が可能なガス麻酔を使用して手術終了まで麻酔を維持すると言うのが一般的だと認識してますが、ガス麻酔だと誰かが付きっきりじゃないと無理ですよね?



MRIの時は人がついていませんよね?



って事は、検査終了まで注射での麻酔がキッチリ効いてないとダメって事かな?



かなり強いと言うこと?



とにかく先生が、えらく『検査での麻酔』を気に掛けられていたので…



この時は突っ込んで聞いてみませんでしたが、機会があれば今後のためにも聞いてみようと思います。





まずは1ヶ月間のステロイド治療をします。
1ヶ月で何も変わらなければ、投薬継続はしないとのこと。



効果がないのにそれ以上投与するのは、副作用を投与しているようなもの…だそうです。

納得です。



とにかく、その1ヶ月の間で今までのようにご飯を食べてくれるようにしなくては!!



その為の猶予期間だと思って頑張ってみて、ステロイドで効果がなかった時には次のことを考えようと思います。





b0268228_2271898.jpg


本人がなかなか自分の状況を受け入れられないようで、心が折れてしまっている感じです。



抱っこして外に出せば何とかオシッコはしてくれます。



さすがにウンティは、なかなか…



寝たままでは嫌みたいで、クンクン鳴きながら限界まで我慢してしまいます。



数日前の夜中の3時半、ソファでウトウトしていた私は長女に起こされました。



マーチンが運動場への出口の土間で動けなくなってると言うのです。

マーチンを寝かしている場所から僅かな距離ですが、今のマーチンは立てないので、這って行ったのだと思います。



ウンティがしたくて外に出ようとしたみたいですが、当然ドアは開きません…



土間でオシッコとウンティをしていました。

不憫ですが、何とか今の自分の状況に慣れてもらってご飯を食べるようになってもらいたいです。



b0268228_2285481.jpg


ホントに精神的にデリケートなんですよ…
ウィペットってデリケートそうに見えて、そうでもない…
こんなタイプの子は稀です(苦笑)








防災訓練です(笑)



b0268228_2292087.jpg




夜寝る時以外は、マーチンとリンリンはゲートを挟んでそれぞれ一人部屋



b0268228_22101047.jpg





おまけに、それぞれがTVを見て過ごしています(笑)




b0268228_2294985.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2011-05-10 09:21 | ウィペット

決心

結局は心が揺らぎ決めかねていました(苦笑)



が、やっぱり東京に行こう!!と決めた矢先…



マーチンがご飯を食べなくなりました(>_<)



この調子ではMRIの予約が取れたとしても、体力が低下して麻酔などかけられない…



取りあえず、いつ頃予約可能かだけ問い合わせ、近日中に取れるようなら予約だけしておこうか…



間近になって地元獣医さんが「麻酔不可能」と判断された時には諦めよう…





多分、体が辛くて食べないと言うのではなく、全く立てずいつもとは自分の様子に違うこと(環境の変化)で食べないのだと思えます。



ホント、デリケートなんですよ、マーチン。



こんなんでは入院したら、まず食べないでしょう…














ところで、見つけたんです!!



MRIを導入している個人病院を、岐阜県で!!

最近はかなり、そういう個人病院も増えて来てはいるらしいですが、CTさえ「家一軒分」の価格、おまけに年間維持費が200万円ほども掛かるらしいのです。



MRIはそれ以上!!
だから大学病院と言えどもMRIを持っていない所もあるんです。



そんな事情もあって、個人病院では頑張ってもCT導入に留まる事が多いみたいです。



その個人病院に行こうかとも思いましたが、大学病院を知っているだけに少々二の足を踏んでしまいました(^_^;)



大学病院は専門医が多く、診療日も科ごとに別れています。



腫瘍なら腫瘍科、心臓系なら循環器科、眼科etc…



やはり、安心感があります。



でも、検査だけなら個人病院でも十分可能だし、そこの先生の得意分野と言うもののあるでしょうし…



どこでMRIを受けられるか、調べてみて良かったと思います。
かなり探しましたけどね…(笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2011-05-06 06:55 | ウィペット

介護が終わり、また介護

黒ラブのレジーを介護の末、3月に見送りました。



その介護が終わると、今度はマーチンに異変が…



地面に爪が擦れる音から始まりました。
いよいよ足腰の老化現象が現れて来たな~と思っていました。



前足の爪2本が極端に擦り減り、外に出す度に流血…



そう内に、足のもつれが顕著に現れて来ました。

まずは爪の流血を防ぐために試行錯誤。
犬用ブーツを買ってみましたが、どうも上手くフィットしません(^_^;)
結局は違う種類の物を3足買ってみましたが、履かせると違和感があるのか余計に足がもつれ転倒…
赤ちゃん用のハイソックスを履かせマジックテープで留めてみましたが、やはり歩いている内にズルズルになって来る。











脱げた靴下を咥えて大喜びで走り回るリンリン…(^_^;)










もつれはどんどん酷くなり、部屋の中に全面滑り止めを敷いても踏ん張りが効かないので転倒を繰り返す…



足周りや転倒でぶつけた目の横はキズだらけ…

それでも皆と一緒に外に出たがるマーチン。

転倒しないように介助をしながら外に出す毎日。





何頭も老化現象で足がもつれるようになった子を見て来ましたが、その事を思い起こしてみている時、マーチンのはちょっと違うんじゃ?と気がつき…











もしかして、神経系の異常?








年齢的にも足腰が弱って来る時期だったこと、つい最近まで立てなくなって寝たきりだったレジーを見ていたことで、てっきり老化現象だと思い込んでいたのでは?



昨日すぐに病院に連れて行きました。



まず、前足から始まったのか、後ろ足から始まったのか?
それに依って、原因が違って来るようです。

先生は脳の異常か頸椎の異常を疑われ、取りあえずレントゲンと血液検査をすることになりました。



極度の怖がりマーチンは恐怖に震え…
こういう子は極限に達すると攻撃的になる事もあるので不安がつのり、万が一に備え先生にお願いし口輪をお借りし装着させました。





レントゲンでは脳・頸椎・腰椎に至っても異常は認められませんでした。



残るは、腫瘍で神経が圧迫されている可能性と言うものでした。

しかし、それをハッキリさせるにはMRI検査だと言われ、そうなると大学病院か川崎の高度医療センター等へ行く事になります。
あくまでMRI検査をするのは「手術を受ける事が前提」で腫瘍のある場所や状態を検査すると言うこと。



先生は、手術を受けないならMRI検査もする必要がないとハッキリ言われました。



確かに言われる通りです。

MRI検査を受けるのか、ステロイド剤で治療して行くか?



どちらかを選択しなくてはなりません。

猶予はこの連休の間。









なぜすぐにMRI検査を選択出来ないかと言うと、それは「リスク」です。
検査と言っても1時間以上の麻酔が必要。
その後、手術となると更に麻酔が必要。



麻酔が危険と言うことではないですが、高齢犬にとってはかなりの体力低下になります。



5~6年前、アフガンのローレンが肛門周囲腺腫の手術を受けた時、偶然に精巣癌が見つかり即座に切除しました。
その時の獣医さんの言葉が思い浮かびます。



「高齢になると麻酔でかなり体力が落ちてしまい、一気に癌が全身に広がる恐れもあります」







私の愛犬には、半年に一度、東京農工大学の動物医療センター(高度医療・二次診療)へ通院している子がいます。



だから、東京の大学病院へ連れて行くことなど、私には簡単なことです。



「行ける」のに「行かない」ことを選択するのは、これでイイのかな?と何度も何度も自問自答する事になります。



が、私は「行かない」ことを選択しようと思います。



リスクが現実のものとなれば、全てがそこで終わってしまいます。
尻切れトンボのような終わり方では、きっと後悔するのでは?と自分で思います。



介護は大変ですが、このまま自宅で介護して地元獣医さんの治療を受けて行こうと思います。

先にも書いたような怖がりのマーチンですから、性格上、いろんな機器での検査・手術・入院…は人生最大のストレス、レントゲンでの恐怖に満ちた顔を思い出すと、この年になって可哀想…と、逆に思ってしまいます。



そして困ったことにマーチンは、自宅以外だとご飯を受け付けない小心者なのです。







でも、ホントはまだ迷ってるんですよ…
頭の中ではグルグルグルグル、その事ばかりが回り回っています。

「行ける」のに「行かない」って、酷いこと?とか、リスクはあくまでリスクだから、必ず何かが起こるわけじゃないし、とか…



だからここに書く事で、「自宅介護」「地元治療」に決心しようと…







介護グッズ、いろんな物がいっぱい販売されてますね~
買ったけど使えなかったものもいっぱいあります。



胴体用ハーネスも、胸囲と胴囲に差が有り過ぎるウィペットには合わない品もあります。

前肢用補助ハーネスも、胸囲は合ってるのに体の幅が細いウィペットにはデザイン的に合わない部分があったり…



おまけに、試着後の返品・交換は不可だし(苦笑)



これを機にウィペットの介護にピッタリな品を探しておきます(*^_^*)

ファミリー達もそろそろ高齢に差し掛かってる子も多いですからね。





今より足の調子が少し良かった時のマーチン爺



b0268228_2215291.jpg


b0268228_2221748.jpg



やっぱりチョット爺くさくなりましたね(笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2011-05-04 10:05 | ウィペット

北海道のカイトより…

ファミリー犬の北海道のカイトから、雛祭りの時にグリーティングカードが届きました。



掲載しようと思いながらモタモタしている内に、東北関東大震災が起こりファミリーさん達が無事かどうか連絡を取り合ったり、東北の友人達の安否を心配したりで落ち着いて更新出来ず、雛祭りからかなり経過してしまいました(^_^;)



でも、とっても笑える可愛い写真が届いたので是非紹介させて下さい(*^_^*)





b0268228_2155429.jpg


雛祭りイベントでの被り物姿のカイトです!!





b0268228_21554330.jpg


抵抗しませんよね、ウィペットって(笑)



被せ放題!!



雪景色の雛祭りなんですよね~北海道は…



カイトのママちゃん、ありがとう(*^_^*)


[PR]

by whippetsyndrome | 2011-03-17 04:38 | ウィペット