保護シール

今朝、携帯を触っていて液晶画面に何かが…
よ〜く見てみると、買った時に着いている保護シールが着いたままになっていた(・o・)
一年以上も気が付かなかった(笑)
キズ防止にあえて着けたままでいる方もいるが、私は買ってすぐに剥がしてしまうタイプ。
画面と保護シールの間に空気が入り、白く気泡が出来ていて気付いた。
最近は保護シールも質が良くなったのか、着けていても剥がしても画面の鮮明度が変わらない(笑)
一年以上も良く傷まずに張り着いていたものだ…
おかげで、メインディスプレイだけ新品のようだ(^O^)



そうそう、今日は仙台を始め東北から3人のお客さんが来る(^_^)
トリマーさんばかりだ。
仙台の方は、腕をかわれトリミングスクールを卒業と同時に講師に抜擢され、10年程先生として活躍された。
その後は独立されて、今はトリミングのお店をやられている。
ミミの最初のファンであり、彼女の生徒さんだったテトペン家へウィペットをお譲りするきっかけを作ってくれた方。
明るくて可愛くて気さく真っ直ぐで、私が大好きな友人の一人(*^_^*)
少し前に仙台を出発しているはず。
遠い道のりだけど、早く会いたい(^-^)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-27 08:34 | 日記・コラム・つぶやき

遠くから…

日曜に神奈川から友人が遊びに来てくれた(^O^)
朝4時に出発して、こちらに到着したのが10時半頃だった。
早朝だった事が幸いして渋滞にはあわずに来れたらしいが、こんな遠くまで足を運んでくれて本当に嬉しかった(^O^)
3年前にこちらから巣立って行ったウィペットのオーナーさんだ。
子犬達と遊んだり、いろんな話をしたり、楽しんでくれたかな(^_^)
6時ぐらいにこちらを出たので、自宅に到着したのは夜中になったと思う。
今度来る時は、観光もたっぷり楽しんで、北陸の美味しい海の幸でも味わってもらおう(^O^)
また、おいでよ〜(*^_^*)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-23 10:19 | ウィペット

子犬のお譲り

いよいよ、子犬のお譲りを開始した。
予定より少し早いのだけど、子犬達が良く食べてくれるので、新しい家に行っても心配はないだろうと判断した事と、9月からは何かと忙しく、子犬見学や輸送の予定を早目に立てておかないと厳しい状態になりそうだという理由からだ。
掲載した子犬達をあらためて見たのだけど、ウィペットって本当に同じ犬種かと思うほど、色や柄で違って見える。
でも、好みにもよるだろうけど、どの子も可愛い顔をしてるな〜と思う(^-^)
私は実際に子犬を見ている人間だから、その子その子の普段見せる可愛い仕草も良く知っているからそう思うだけなのかな〜
生まれなかったミミの子犬達の事があったから、いつになく親バカぶり発揮で、送り出す時にはきっと涙だな〜(笑)
本当に良い方の所に送り出したいのだけど、今までもなかなか富山まで見学に来れる方が少なかったので、電話で話しただけでも人間性が分かる技を身に付けなくては!!(笑)




b0268228_10501042.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-19 05:19 | ウィペット

熱中症 その2

今朝のTV番組で、熱中症の特集が放送されていた。
お年寄りも危険だが、やはり小さな子供の方が地面の照り返しを受け易く危険だと…
日陰に入っても、風がない場合は危険度は何ら変わらないという。
家の中だろうが、関係ないらしい…
最近では学生が、体育館内でスポーツをしていて熱中症になるのが増えているらしい。
そして、熱中症予防には玉ネギを生で丸かじりすると効果があると言う。
生で…(^_^;)
実験では、玉ネギを食べる前と食べた後では、血液の流れ方にもの凄く違いが出ていた。
とてもサラサラになっていた。
それだったら、熱中症以外でも玉ネギで予防出来る病気が沢山ありそうだ(^O^)
何でも犬には応用出来ないか?と考える私でも、さすがに犬の大敵である玉ネギでは…(笑)
とにかく、飼い主が体調を崩していては愛犬も元気をなくしてしまうし、世話もままならなくなる(>_<)
子供がいる方は、2学期が始まると何となく夏が終ったような感覚になり気が抜ける事が多いにあると思う。
でも9月もまだまだ暑い、体調を崩さないように気を付けよう(^-^)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-15 09:52 | 日記・コラム・つぶやき

東京より

今日は東京の友人が子犬を見に来てくれた(^O^)
お昼にこちらに着く電車で来る予定だったのだけど、新潟の大雨で河川が増水…
その為に電車が橋を渡る事が出来ずに途中の駅で待機…
夕方の電車で日帰りする予定になっていたので、このまま待っていては時間がなくなる。
その駅で下車するように言って、車で迎えに行った。
結局こちらに到着したのは3時半近くだった。
それでも、何とか子犬を見せれる事が出来て良かった(^O^)
ピラニア軍団にオモチャにされ、写真を沢山撮って…(*^_^*)
ホントにとんだ災難で、ゆっくりする事も出来なかったのに「来た甲斐があったよ〜」と言ってくれた。
ピラニア軍団パワーは疲れもフッ飛ぶほど可愛いのだ〜(^O^)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-14 12:36 | ウィペット

育児

最近はウィペットの子犬達も良く食べ、良く動き、それぞれの個性も出て来て見ていて楽しい(^O^)
子犬達の部屋に足を踏み入れた途端にワ〜っとピラニアのように足に絡んで来るのは変わらない。
掃除をやり終えたと思ったら、また次々オシッコをするし(笑)
おとなしく寝てくれよ〜(^_^;)
元気なのが何より嬉しいのだけど。
このまま順調に成長してくれる事だろう(*^_^*)



ここ数ヶ月の間に、こちらから巣立って行った子がケガをしたり、ミミが亡くなったり、つい先日には知人の愛犬が体調を崩したりした。
ごく最近になり、こちらから譲った子が去年事故に遭い瀕死の重症を負っていた事も聞いた。
ミミを亡くしてしまった事もあり、どの子も命があって本当に良かったと、つくづく感じている。
それでも、オーナーさんの動揺や不安、落ち込んでいる姿は私も辛かった。
巣立って行った子に何かあった時、多くのブリーダーさんは自分の愛犬の事のように心配する。
当然だ…
一番手のかかる時期を育てて来たのだから…
母乳が足りない時には、哺乳便でミルクを与え、その後は1日に4回〜5回も離乳食を与え、食べが悪い時には悩んでは試行錯誤し、何とか栄養不足にならないようにする。
便の状態や動きの良し悪しを見ては、健康状態を把握して…
まさに母犬との共同育児。
それに犬種によっては7〜8頭も…



新しい家族に引き渡す時や、輸送の為に飛行機に乗せる時は、何とも言えない感覚だ。
元気で楽しく暮らしてくれる事だけを、祈るしかない。
後になって「なかなかトイレを覚えてくれない」とか「甘噛みがひどくて困ってる」などと聞くと、それに合ったアドバイスをする。
いろんな悩みや困り事を相談してもらえるのは嬉しい。
でも反面、内心ではかなり落ち込んでしまう事もある(>_<)
オーナーさんが「困っている」と言う事が実はショックなのだ…
ケガをしたとか病気になったと聞いたら尚更、オーナーさんの次に心配するのがブリーダーだろうと思う。
楽しく暮らしていて欲しいのだ。
私も過去にハスキーのブリーディングをしていたし、今は預け先の出産や子犬の世話に携わっている。
オーナーさんからの相談や報告の窓口になっているのが私だから、ブリーダーの気持ちが良くわかるし、逆に私も譲ってもらう側の立場になる事も多いからオーナーさんの気持ちも良くわかる。
どちらも分かるから大変だ(笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-12 10:57 | ウィペット

連続真夏日と熱中症(^_^;)

雨が降ろうと気温が高い今日この頃…
人間もバテバテなのだから、熱中症の犬が続出してもおかしくない。
夕方の5時前なんて、まだまだ暑いというのに平気で犬を散歩させているオバさんがいたりする(>_<)
犬が可哀想で見ていられなくなる。
「真夏日」や「熱帯夜」と言われる日には、散歩に出さない方が犬の体にとっては良い。
風もなく人間も汗がしたたり落ちるような日は、もはやアスファルトが熱いとか冷めているとかの問題ではない。
前にもホームページのBBSで話題に出たけど、ネットで始まった犬の夏バテ予報では、気温22℃・湿度60%から「危険」となっている。
散歩に連れて行かないのは可哀想だと言う人もいるけれど、そんな事を繰り返していたら間違いなく犬の寿命が縮む。
クーラーの効いた部屋や車から熱い外へ…その繰り返しも良くない。
激しい運動の後に急に止まるのも良くない。
まず心臓がダメージを受ける。
血液が温まり過ぎ、その血液が集結する場所が心臓・脳だから当然の事だけど…



近所のシェルティの話だが、ペットショップにトリミングに出して、迎えに行って車に乗せた途端に倒れて泡を吹いた。
そのまま獣医に駆け込んだそうだが、原因はドライヤーの熱による熱中症だった。
それ以来、心臓が悪くなり亡くなるまで薬を飲み続けるハメになった。
人間の方は、いつもと変わらない行為だと思っていても、犬にはそうでない。
犬は「熱いから止めて〜」とは言わない。
それ以来、我が家のアフガン、夏場はドライヤーを冷風でかけている。
このブログを読んでくれている方だけでも、気を付けて欲しい。
日本の温帯湿潤気候そのものが、犬を飼うのに適していない。
日本では暑さに弱い大型犬が長生き出来ないと言われる所以だ。
心臓に負担がかかり過ぎるのだ。
犬にとっては夏そのものが、非常事態なのだから…
散歩より健康が第一。
飼い主が「遊ぼう」と誘えば、犬は喜んでそれに答える。
たとえ暑くても…
忠実な子程そうだ。
だから飼い主が、しっかり状況判断しないといけない。
熱中症は他の病気やケガと違い、100%飼い主が防げる。


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-11 11:24 | ペット

三つ編みマーチン

また、娘がイタズラをした(^_^;)



b0268228_2171815.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-06 01:53 | ウィペット

新しい発見

昨日、マーチンのワクチン接種に行って来た。
そこの獣医さんの待ち合い室には陶器で出来た大きなコリーの置物がある。
ちょっとよそ見をした隙にマーチンがそのコリーにオシッコをひっかけた(^_^;)
下品な事を…
持参して行ったバスタオルで拭こうとしたら、獣医さんの奥さんが手際良く拭いて下さった。
恐縮です(∋_∈)
なんでも、来院するほとんどの子がそのコリーにオシッコをひっかけるのだそうだ(笑)
奥さん曰く「皆のオシッコ場」
だけどそのコリー、後ろ向きに置いてある??
オシッコ場だとしても、一応は飾り物…
尋ねる前に奥さんが語ってくれた。
来院する子の中には、コリーを怖がって入るのを嫌がったりワンワン猛烈に吠えたりする子がいるらしい(笑)
でも、開院の時に知人から頂いた贈り物だから、片付ける訳にもいかないので後ろ向きにしてあると言う事だった。
確かに、常に一点だけを見つめ微動だりせず、吠えても全く反応のない大型犬は、物凄く怖いのかも…(笑)
犬の心理学の新しい発見だった〜


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-06 01:46 | ペット

ネット販売

最近、動物愛護法の見直しや何かで、生体のネット販売を規制するとかどうとか…
個人でも繁殖する人は、動物取り扱い業の届け出を義務付けるだとかどうとか…



私達もネット上に子犬情報を掲載している一人だけど、ネット上に情報を掲載するのは一つのきっかけを作るという事だけで、問い合わせが入ると相手の方と良く話をして決めているし、遠方からわざわざ見学に来られてから決める方も多い。
ネットが普及する一昔前は、愛犬雑誌に子犬情報を掲載するのが一般的だった。
連絡をすると子犬の写真を郵送してくれる方もいた。
結局はネット販売と同じ経緯を辿り、子犬が手元に届く。
今じゃ世間で「通販」と言われているが、ちょっと違うと思う。
いろんなやり取りがあっての「輸送」だと思うのだけど…
理屈っぽいかな〜?



実際に今まで、子犬達はとても良い方々の元へ行き、幸せに暮らしているし兄弟犬同士も仲良くお付き合いしている(^O^)
譲った側の人間にしてみれば、とても嬉しい事。



動物愛護するなら、もっとやらなければならない事はあるように思う。
捨て犬を殺処分しているのは、愛護法を厳しくしようとしている張本人だし…
確かに捨てる人は悪い。
殺す人はもっと悪い。
殺処分までの数日は生きている。
ただ餌を貰って檻の中で生きている。
捕獲された捨て犬達には愛護法は適用されないのだろうか?
ある都道府県のペット条例では、飼い主不明で収容された犬と、やむを得ない事情により飼い主から直接引き取りを要請された犬とでは全く待遇が違うのだ。
今時、人間に敵意を向ける「野犬」と言われるような犬は少ない。
つまり、飼い主が不明か明確かの違いだけで待遇が違うという事になる。
海外のように、捨て犬の中から優秀な犬を警察犬や介助犬に育てる前向きさもないし、全国的に里親探しに力を入れてる姿勢も今ひとつ見えて来ない…
ひどい獣医師を監督もしない。
言ったらキリがないけど、事務的に簡単に規制出来る事にしか取り組んでいないように思える。
予算がかかる事や長期に渡る計画は、やりたくないのだろう。
動物取り扱い業の届け出は今後増えると思うのだけど、後々まできちんと立ち入り調査をして指導出来るのだろうか?
犬の飼養管理に携わった事のない人が、改善点等を的確に判断・指導出来るのだろうか?
その点、家畜関係は県の家畜保健所という機関が定期的に巡回して指導しているのだけど…
畜産業界で伝染病が出ようものなら大変な事だ。
大手でも倒産に追い込まれる。



犬も狂犬病以外にも人畜共通の伝染病があるというのに、ワクチンは義務付けられていない。
ペットとなると、売る側の問題だけではない事もあり、なかなか難しい側面があるように思う。



話が反れたけど、犬を始めペット関係には広い範囲での問題があると言いたかったのです。
でも…
私がこんなちっぽけなブログで叫んでも、どうにもならないんだろうな〜(笑)
だけど犬の売買に関して言えば、一つだけ明らかな事がある。
悪い業者なら規制をしたとしても必ず新しい抜け道を見い出す。
今までもそうだった。
それが世の常だ。
結局は買う方の、判断力が重要という事になる。
今、若いカップルの衝動飼いが多い。
結局は遊びたい盛りだから、犬の世話はそっちのけになる…
私達は出来るだけ、しっかり家庭を築いている方に譲りたい。
独り暮らしの方に譲るのは、熱意が感じられる方か先住犬をきちんと管理されている方のみ。
付け加えるなら、仕事の時間が不規則な一人暮らしの方にはお譲りは出来ない…


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-08-05 01:14 | ペット