<   2005年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ショーデビューまで

子犬達のショーデビューまで1ヶ月を切った。
リードを着けて歩く練習をしても、道端の草が気になる…煙草の吸い殻が気になる…落ち葉が気になる…
なかなか前に進まないじゃないか〜(^_^;)
フードで釣ると、そりゃあもう二重犬格かと思うくらいによそ見をしない…
何でこんなに食い意地張ってるんだろう?(笑)
まだ4頭一緒に食べてるから、もたもたしてたら食いっぱぐれるからかな?



オス・メス2頭づつ居るので、どの子をショーに出そうかと悩む…
申し込みからショー開催日まで日数があるので、成長期の時はその間にボディが変わってしまう事がある。
まだまだ最終的判断は出来ないけど、当分はブリーディングをするつもりはないから1頭だけでもショーに出せる感じに成長してくれないかと願っている…
次はレティーで繁殖するのが妥当なのだろうけど、私はブリーディングに執着している訳ではなく、とにかく自分の頭の中にある理想に近いウィペットを「自分の犬として持つ事」に執着している。
理想に近いウィペットなら、自分の繁殖犬にこだわらず英国のブリーダーの繁殖犬でも構わない。
やっぱり、私が頭の中で思い描いている「私の理想」のウィペットは、英国にしか居ないだろうと思う。
口では上手く説明出来ないのだけど、しっかりと映像で頭の中にある!!
まずは自分の理想のウィペットを持てれば、ブリーディングも自然の流れだろうと…
だから、特別にブリーディングする事に」にこだわってる訳ではない。
ブリーディングするかどうかは、その時の状況で判断しようと思う。



ここが、ハンドラーA氏とは考え方の違う所かな。
A氏はブリーダーでもあるのだから、自分で「作る」という事にも思い入れがある…
英国から輸入しないといずれは行き詰まるだろうから、私は英国からA氏はブリーディングで…
考え方が違うからこそ、道が開ける事も多いにある(笑)





b0268228_10555843.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-29 07:26 | ウィペット

ノニ

b0268228_2157066.jpg

常に体調不良の私…
これからの季節、冷えも加わり…
冬の私の手足は、まるで死体(ToT)
だから、健康食品やサプリメントには目がない(笑)
今日はドラッグストアに行ったついでに、ノニ100%果汁を買ってみた。
そして飲んでみた…
味が不味いというより匂いがキツイ(^_^;)
下の娘にも飲ませてみた。
「悪い事もしてないのに何で罰ゲーム受けるの〜」とブツブツ言いながら…
確かに「笑っていいとも」の中では罰ゲームに使われていた。
娘は飲んだ後、もがいていた(笑)
これで今日から「血液サラサラ〜」
本当に効果があったかどうかは、後日このブログ上で発表したい!!
乞うご期待!!



でも…体調が良くならなかったら、本当にただの罰ゲームだ…(苦笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-25 06:15 | 日記・コラム・つぶやき

15歳

b0268228_21515249.jpg 昨日は娘の誕生日だった(*^_^*)
15歳になった。
身長も追い越され、いつの間にこんなに大きくなったのかと不思議な気分…
父親は普段、子供の事には熱心なタイプの人間ではないが、こんな時だけ「誕生日が来る度に、お嫁に行く日が近付いて来る…」なんて言う。
だったら、その日に後悔しないようにしっかり父親をやってくれ!!と思う母なのでありました(笑)



プレゼントも段々難しくなる。
今回は何が欲しいかまだ考えたいらしい(笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-23 07:00 | 日記・コラム・つぶやき

行っちゃった…

また1頭、新しい家族の元へ巣立って行った。
初めて1頭だけでバリケンに入れられたというのに、犬舎を出発してから空港まで一度も声をたてなかった。
手続きの間、バリケンの中から私の顔を時々見ていたけど騒ぐでもなく伏せたまま良い子にしていた。
あんまり良い子にしてるから、反って切なくなり私の方が別れ難くなる程だった(;_;)
出発まで1時間あったのだけど、近くのペットショップを覗いたりしていたら出発時間近くになっていた。
空港横の公園には滑走路を見渡せるように小高い丘が作ってある。
そこから離陸して行く飛行機を見送った。
本当に「巣立ち」という感じだった。



1時間後にはオーナーさんから引き取り完了の電話が入った。
嬉しさで声が弾んでいた(笑)
その声を聞いてやっと安心出来た。
今頃は新しい家でご飯も食べ、ナデナデされてる頃かな〜(^_^)



先に行った2頭は先住のウィペットがいる家庭だったから心配はなかったけれど、この子は兄弟達と離れ初めて1頭になるから今夜は鳴くかな?
彼にとっては最初の試練だけど、犬同士の付き合いより人間との密な付き合いの楽しさをすぐに理解出来るだろう…(*^_^*)





b0268228_10544840.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-21 08:12 | ウィペット

chiaki books

左のサイドバーに、私のお薦めの書籍を紹介する新リストを加えました(^_^)



chiaki books     ウィペットを始め犬関係の書籍です。



chiaki books 2  犬関係以外のファンタジーやミステリー物etc…です.。


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-20 11:38 | ウィペット

京都より…

京都の方が犬舎見学に見えられた。
以前から私達のホームページを見て下さっていたようで、丁度こちらで仕事があった帰りに犬舎に寄って下さった。
この後、ご自宅の庭を犬が運動出来るように作り変えられる予定で、来年ウィペットを迎えられるそうだ(^-^)
先日の横浜の方もそうだけど、衝動的にではなく時間を掛けて犬を迎える準備をされているのには頭が下がる…



今日来られた方は、今では少ない古き良き日本文化を守る為の職人さんとでも言えば良いのか…
とにかく、全国的にも職人さんが少ない専門的な仕事をされている。



ウィペットを通じてお知り合いになれた方も、それぞれにいろんなお仕事や趣味を持っていらっしゃる。
ウィペットの話だけではなく仕事や趣味、そういう今まで自分が覗いた事がなかった世界の話を聞くのも楽しい(^_^)
この年になって、年々好奇心旺盛になって来てる気がする(笑)
そんな風に興味がわく程、いろんな職業や趣味を持っている方々と知り合えた。
せっかく仲良くなったのにウィペットの話しか出来ないのも、考えようによっては寂しい気がする。



その方とは関西や近畿地方にショーに行く時には、またお会いする約束をした(*^_^*)
来年になりウィペットを迎えられる準備が整えば、知人のブリーダーさんを紹介しようと思っている。
上手く出産情報があれば良いのだけど…



明日いよいよ、1頭の男の子が横浜へと巣立って行く。
その子を迎えられた事で、今以上に楽しく生活して頂けると嬉しいな…(*^_^*)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-20 09:37 | ウィペット

月の土地

もうすぐ上の娘の誕生日(^_^)
最近流行っている(?)月に土地を買ってあげる!!と言ったら「そんなの買ってどうするの?」と、とっても冷静な言葉が返って来た(^_^;)
月に土地なんて持ってたって何にもならないけど、遊び心だよぉ〜
遊び心は持とうよ〜
月だけじゃなく、火星や金星の土地も売っている(・o・)
火星は「第3期分譲中」金星は「第2期分譲中」らしい(笑)
1エーカー(約1200坪)で3000円ぐらい…
星に名前を付けるよりお安い。
他の家族には「月の土地より地球に土地を買ってくれ!!」と言われた(;_;)
ハンドラーA氏には「月に土地買っても、どうやって月に行くの?」と…
ごもっともでございます(苦笑)
でも、ちゃんと財産として相続も出来るらしい。



1200坪…酸素ボンベ背負ってドッグラン???


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-19 12:12 | 日記・コラム・つぶやき

横浜より…

今日、子犬を見にわざわざ横浜から若い御夫婦がみえられた。
朝一番の飛行機で富山入りされ、レンタカーで氷見まで足をのばされ美味しい海の幸を堪能された後、犬舎を訪問された。
子犬達を実際に見てから、どの子にするか決めたいと言われていたので子犬達の部屋に入って遊んで頂いた。
勿論、日増しにパワフルになっている子犬達に洗礼を受けられた(笑)
ゆっくりお話もして、帰られる前に最終的に1頭の男の子を選ばれた。
やはり、その子その子の性格も見られ相性の良い子を選ばれたようだった。
羨ましい事に家を新築されたばかりで、犬の為に床には滑らない素材を使われたそうだ(^O^)
次の土日は子犬とゆっくり過ごして頂けるように、金曜にお引き渡しする事になっている。
犬舎は寂しくなりつつあるが、新しい家庭で幸せになってくれれば嬉しい…
関東のショーにも遊びに来て頂けそうなので、またショーに行く楽しみが増えた(*^_^*)
それと、どんな名前を付けてもらえるのか楽しみだな〜


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-16 09:37 | ウィペット

恋わずらい

b0268228_21473331.jpg
10月に入り、マミー・ティーク・レティーと立て続けにヒートが来た。
あえて言わなくてもハマちゃん・キンちゃんが恋わずらいで大変だ…(;_;)
山は越えたものの、ご飯も食べなくなるし彼女達が少しでも動こうものなら、飛び起きてソワソワソワソワ行ったり来たり(^_^;)
キンちゃんなんて、先月末からボディの調整に入っていたというのに、ハンドラーA氏の努力も水の泡…
最悪のコンディションで挑んだ福井のクラブ展…
結果も。。。
レティ−は当然棄権。
キンちゃんは痩せた上にボ〜っとしてる。
メスの場合はヒートの問題で申し込みをしていても、出せなくなってしまうというリスクがあるが、我が家の場合オスまで出せなくなるリスクを背負うハメになりそ(笑)



でも、愛知からわざわざ来てくれた友人達と、ゆっくり話せたから楽しかった(^-^)


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-12 05:39 | ドッグショー

ウィペットの心臓〜検査について〜

以前このブログにウィペットの心臓について書いた事がある。
まずは第1・第2の病院では心臓に異常ありと診断され薬を処方された。
その後、第3の病院では薬の必要性や急を要する状態ではないと診断され、専門医を紹介された。
第4の病院での精密検査により心臓には異常なし、不調の原因は脱水症であったと判明した。
何故、第1・第2の病院で心臓に異常有りとの診断が出たのか?
やはりエコー診断をしなかったという事も勿論だが、他犬種での常識がウィペットには当てはまらなかったという事実がある。
第4の病院は専門医だった事もあり、3時間以上もかけ精密検査が行われた。



ウィペットの場合、心音や心電図だけでは異常と誤診されても不思議ではないという。
心電図とエコーの結果を先生方皆さんで見られ「おもしろいよね〜」と笑っていらっしゃったそうだ。
何故なら、心電図とエコーの結果が矛盾していたから…
他犬種では見受けられないケースと言ったら良いのか…
ウィペットの場合は聴診や心電図だけでは異常と思えても、エコーで見ると異常など見付からない完璧な心臓をしているらしい。
つまり、聴診・心電図では診断を下せないという事だった。
やはり、エコーでの検査が絶対必要である。
その2頭はエコー検査で正常である事に疑いの余地はなく、予定していたレントゲン検査は不要になった程だった。



僧帽弁閉鎖不全(ほとんどが後天性)や三尖弁閉鎖不全(先天・後天どちらもある)なら当然血液の逆流がみられるだろうが、それも認められない。
奇形も認められない。
きちんとした検査の結果だ。
オーナーさんはその後も病院に足を運ばれて、通常の5倍もの高性能聴診器による心音検査でも異常は認められなかった。
脱水症が原因で当初は腎臓と肝臓の数値は上がっていたものの、短期間の投薬と水分補給ですっかり回復。
腎臓や肝臓の数値が上がっている時は、人間でもとにかく体がだるくてだるくて、眠くて眠くて仕方がなく、動けないそうだ。
散歩中に座り込んだり横になってしまったのも、その為だろう。



そして、ハウンド種全てに当てはまるのかどうかは分からないが、ウィペットに関しては他犬種よりもかなり心臓が大きい(横長)そうである。
その為にウィペットを診慣れていない病院などでは、心肥大と誤診される事もしばしばあるようだ。

また成長期のウィペットは、心肺が大きい為に呼吸をして肺が膨らんだ時に擦れる音が聞こえる場合があり、それを心雑音と誤解される事もあるとか…



下記に書く事は、私の勝手な想像だから間違っているだろうとは思うが…
ウィペット以外の犬種も飼った事がある方は分かるかも知れないが、他の多くの犬種は走り出すと徐々にスピードがのって行きピークに達するまでいくらかの間がある。
しかし、ウィペットの場合は走り出しから爆走モードでスピードがのっているから、慣らしの間がない。
慣らしがない上に体がバネのような動きをするから心拍数は急激に上がるはず。
それに耐えられるだけの心臓でなくてはならないのだと思う。
だから、他犬種での常識が当てはまらないのではないかと…
もし、このブログをお医者様や専門の方が見て下さっていたら、ご意見を仰ぎたい(笑)



オーナーさんは、すっかり脱水症も良くなり元気いっぱいの愛犬達と楽しい生活を送られている。
最後に今回の経験でオーナーさんが感じられた事を紹介したいと思う。



今回4つの病院にかかり、どの段階で診断を下すか、病院によってかなり違うと感じられたそうだ。
●心電図だけの病院
●心電図に加え血液検査も行う病院
●心電図・血液検査・更にエコー+レントゲン検査も行う病院



●再度不調を起こす=心臓病と決めつける病院
●神経系や他の病気の可能性も視野に入れる病院



今回の事で信頼出来る病院に出会えた事は、とても大きな収穫だったとおっしゃっていた。



私達自身、今回のような経験がないので他犬種との違いというのは良く分かっていなかった。
自分達なりにいろいろ調べたりもしたし、とても良い勉強になった。


[PR]

by whippetsyndrome | 2005-10-08 12:44 | ウィペット