<   2006年 02月 ( 15 )   > この月の画像一覧

愛犬の友

待ちに待った!!
愛犬の友3月号のサイトハウンドの特集は興味深かった…
ウィペットの毛色の遺伝…
なかなか難しい内容だし、私のように特に毛色に拘らない者にとっては『へぇ〜』と感心しながらも、好みの毛色の子を作出しようとまでは考えは及ばない…
何より興味を引かれたのが、ハウンド達の素晴らしく美しい置物やアクセサリーといったグッズだった(笑)



やっぱりハウンドは魅惑的で美しい…
あらためて、そう思わされた特集だった…
何で世の中の人はサイトハウンドを飼わないのだろうかと、勝手な事を思う(笑)



そして、私の愛犬達の血も引く沢山のウィペット達も登場していた(*^_^*)
東京のKブリーダーさんが昨秋開催されたファミリーオフ会での様子だ。
参加された方々にとっては、この愛犬の友は永久保存版だろう…(^_^)



ついでに報告です。
我が家のローちゃん、無事にウンティが出た(^O^)
それは良かったのだが、胸の手術部位を後ろ足で掻いてしまい…
さすがにエリザベスカラーも役に立たない事がある(^_^;)
ストレスの元凶でもあるエリザベスカラーなのに〜
獣医さんには『腹巻き』が良いんじゃないかと言われたが、サイズがピッタリじゃないといけないし、結局はサイドのコートをヘアゴムで結び人間用のTシャツを着せた。
以外にもローちゃん、なかなかカジュアル系も似合うではないか〜(笑)
エリザベスカラーも止めて、バイトノットカラーに変えた。


b0268228_9181026.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-28 06:06 | ウィペット

ローレンが…

全くウンチをしない(∋_∈)
手術をした木曜は朝も夜も食べていないのだが、金曜の朝からは普通に食べている。
もう、丸3日間もウンチをしない…



痛くて我慢しているのか、縫合した部分がつれて上手く出せないのか…?



明日は診察日で、仕事を終えてから病院に行こうと思っていたのだが、やはり朝行く事にした。


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-26 06:55 | ペット

『僕のローちゃん』

うちの旦那さん、昨日から1泊2日で出張だった。
普段から出張はちょくちょくあるが、3〜4日家を空けても滅多に電話はして来ない。
ところが昨夜は、ローレンの様子を聞く電話が入った。
一応、心配してるんだ〜と思ってた…
ところが、今日の昼にも着信が入っていたので、てっきり仕事の話だと思い折り返し電話してみた。



        『僕のローちゃん、どう?』



エッ(・_・;)
『僕のローちゃん』って???
いつから『僕のローちゃん』なんだろ~???
『あたしのローちゃんなんだけど…』
『だって、俺に甘える!!』
『あたしにだって甘える!』
『いや!お前には甘えてない!!』
『甘えるよっ!』

『な〜んか、心配で…』
何それぇ〜
私が高熱を出してようが、肺炎で自宅療養してようが、家事も手伝ってくれない男のくせに〜(^_^;)



『僕のローちゃん』って…(^_^;)
多分、旦那の一生の内で一番の『迷言』だ(笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-25 12:22 | 日記・コラム・つぶやき

ローレン手術

今日はいよいよローレンの手術日…
術後は当分シャンプーが出来ないし、昨日は仕事を早退しシャンプーをして術前検査に行った。
血液検査の結果でも手術に問題はなく、予定通りに行える事になった。



そして今朝、8時半に病院へ送り届けて同意書を書いて来た。
昼過ぎに一度病院に電話を入れ、夕方には面会に行く。
その時点で問題がなければ連れて帰って良いそうだ。
切除する物は全て体外に出ている為、開腹手術などとは違い入院はしなくて済むという事だろう…
経過は後程…



そして、昨日はステラのママからお電話を頂いた。
何と、引き渡しの時には『借りて来た猫』だったステラのエンジンが掛り始めた!!
テーブルの上の物・障子・畳を掘り掘り・室内爆走…(^_^;)
床には既にキズ…(笑)
パパが毎朝、室内トレーニングをしていると、オモチャをくわえて走って行き、パパの前にオモチャを投げて『あたちと遊んで〜』と誘うそうだ(笑)
お姉ちゃんが学校から帰って来ても、同じようにするらしい。
日中はママの膝を枕に、仰向けになって寝てるとか(^_^)
夜はサークルに入れられても静かに寝てる様だし、一番心配していたトイレも失敗せずに決まった場所でしていると…
予想以上に新しい家に慣れるのが早くて安心した(*^_^*)



思わず笑ってしまったのが、パパが毎日仕事帰りにステラの為にオモチャや可愛い食器を買って来られるそうです(笑)
そんなに大事にされて本当に良い家庭に迎えられたと、あらためて感じる…
着実に信頼関係が築かれているので、お散歩デビューも近いだろう(^_^)

ステラも巣立ち、犬舎が寂しくなったな〜なんて思ってしまう(涙)


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-23 10:01 | ペット

ローレン帰宅

ローレンは麻酔の影響で、まだ少しボ〜っとしている。
病院で何とか車には乗せたが、我が家は一階がガレージで2階が住まいになっている為、まだ階段を登らせるのは可哀想…
抱き上げて2階まで運ぶ事も考えたが、何せ胸を手術している為に手の当て所がない。
下手に階段途中で落しては大変と、それも諦めた。
そんな訳で、ローレンはまだ車の中で長〜くなって眠ってる。
車の後部座席で長くなって寝るのが大好きなローレン…
それが幸いした(^_^)
あと2時間もすれば、自分で階段を上れるだろう…



実はローレン、まだ問題を残している。
彼は停留睾丸の為、お腹の中にある睾丸も切除しないと肛門周囲腺腫の再発が起こる可能性が大!!
今回は3ヶ所も切除手術をする上に、開腹手術まではさすがに…
獣医さんも、開腹しても睾丸が見つからない場合もあると言われたので、再発のリスクはあるものの今回は見送った。



去勢の多くは袋を残して中の睾丸だけ切除する場合が殆どだが、ローレンは袋も残さず取った。
中の睾丸に変質が見られ、万が一悪い物だったら袋にも組織が残っている可能性を考えての判断だった。



『おかま』になって帰って来ると思っていたが、何と『乙女』になって帰って来た(笑)



一番大変なのが、肛門の傷かな〜
肛門ギリギリの所を縫合してある上に、尻尾をブルブルやると糸が切れる可能性があるらしい…
ブルブルを止めろと言っても聞いてくれないだろうし、大出血は見たくないしでヒヤヒヤもんだ…



肛門周囲線腫はオスの場合は殆どが良性。
しかしメスの場合は、肛門周囲線癌と名が変わり悪性が多い。
肛門のすぐ近くに限らず、お尻など広範囲に出て来るので、愛犬にそんなデキ物が出て来たら要注意!!


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-23 06:46 | ペット

マミー 診察

昨日はマミーの3回目の診察日だった。
食欲は今ひとつだけど、動きはまあまあ良くなってる。
気になる内腿のデキ物も調べてもらった。
細胞にバラつきがない様で、今の段階では悪性の物ではなさそうだと言う事だった。
本当は手術をして組織検査に出すのが望ましいのだけど、今のマミーでは全身麻酔のリスクが大き過ぎるので、体力回復まで様子を見る事をすすめられた。
薬はさらに弱い物に変わった。



そして、ステラのママより様子を知らせるメールが届いた(^_^)
初日の夜は鳴く事もなく、翌日は試験休みのお姉ちゃんの膝の上で気持ち良さそうに眠ったり、探検範囲も少し広がって来てるという事だった(*^_^*)


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-21 08:17 | ウィペット

ララとステラ

昨日の神奈川インター、会場は歩くにも人をかき分けないといけない程の賑わいだった。
私達のパドックも、いつもの様に友人達で賑わった。
今回はステラも同行したので4頭も連れての遠征で、ステラに関しては初めての長旅の上、バリケンにも慣れていないので心配していた。
ところが、バリケンに入る事を一応は拒むものの、入ってしまえば鳴きもしないし車酔いもしなかった。
これなら、新しいオーナーさんも困らないだろうと、まずは第一段階クリア!!



ショーの方は、キングとレティーは今ひとつの結果だったが、ララはベスト・イン・グループを獲得し最終戦に挑んだ。
そこでは敗退…
会場を出たのが6時…そして、ステラとの対面を楽しみにされている群馬の方との待ち合わせ場所へと急いだ。



いよいよステラをお見せする時が来た。
ステラは緊張しているのか終始固まったまま(笑)
オーナーさんは、こんなに大人しいとは思わなかったと…
私達も、こんな『借りて来た猫』みたいなステラは初めて見た(笑)
とにかく気に入って頂けるかが心配だったが、写真で見るよりキレイで可愛いと言って頂け、ステラは群馬の子になった。
お別れしてしばらく経ってからオーナーさんからお電話を頂き、家の中をあちこち探検していると…
さっきの『借りて来た猫』とは全然違うと言われていた(笑)
それだったら、新しい家に慣れるのも時間の問題だろうと少し安堵した(^_^)
オーナーさんご夫婦と高校2年の娘さんにお会いしたのだけど、皆さん優しくて穏やかで本当に良いご家族に巡り合えた(*^_^*)
ご主人は所用で毎年富山に来られていて、何かご縁があったのだと思える…
暖かくなったら遊びに来てもらう約束をした。
またウィペットを介し、友人と楽しみが増えた(*^_^*)



ステラの事、どうか宜しくお願い致します。



ステラのおもしろ画像です!!
オーナーさん、こんな画像でごめんなさい(^_^;)



b0268228_9165067.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-20 08:16 | ドッグショー

マミーのその後…

マミーは火曜に2度目の診察を受けた。
保温と薬の成果が出たようで、後ろ脚のフラつきは少しづつ良くなって、昨日は自分から運動場に出たがったそうだ。
後はもう少し食欲が出てくれると良いのだが…
病院での体重測定では、初回の診察時より200g体重が落ちていた事も有り、甲状腺ホルモンの働きを活発化させる薬を追加された。
年齢的な事も考慮し、弱めの薬を出して下さった。
薬の効果で食欲も戻る頃には、少しづつ暖かくなり良い方向に向かってくれるのではないかと期待している。



ファミリー犬のオーナーさん達と仲良く付き合え、孫やひ孫まで見れた楽しい今を作ってくれたのもマミーばあちゃんのお陰かな…と思うと、目に見えて迫って来る『老い』にいたたまれない気持ちになってしまう。



               頑張れ!!マミーばあちゃん(*^-^*)


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-16 09:55 | ウィペット

ステラ

いよいよ神奈川インターが近付いて来た。
我が家にインフルエンザが入り込んでから、私も含め家族に移ったら横浜行きがダメになってしまうとヒヤヒヤしている(^_^;)
今の所、誰にも移っていないし、娘も病院で治癒証明を出してもらえた V(^-^)V



ところで、横浜にはステラも一緒に行く事になった。
実は今日、群馬の方からステラにお問い合わせを頂いた(^_^)
こちらに見学に来て頂いたとしても、まだまだいつ雪が降り出すがわからない季節…
ノーマルタイヤでは危ないので、横浜の帰りに群馬でちょっと足を止めて見て頂く事にした。

どうせ通り道だし、そろそろステラも車に慣れさせておいた方が良い。



b0268228_9155897.jpg



見て頂いて、もし気に入って頂けたならそこでお引き渡しとなる。
人間も同じだけど、何日も一緒に生活してみないと、実際には性格は分からない。
だから、まずは写真で見て、その次は実際に自分の目で見て触って頂くのが一番良いと思っている。
ちょっとした表情や仕草の可愛さは、写真だけではなかなか分からない。
親の欲目と言うか、私達は8ヶ月間毎日見て来たから可愛いと思うだけなのかも〜なんて、ちょっと弱気になったりする(苦笑)
でも真面目な話、気に入って頂けると良いな〜
何だかドキドキする(笑)


[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-13 09:46 | ウィペット

マミー

マミーですが、血液検査では肝臓や腎臓には異常なし・心音も正常でした。
数値的な部分だけ見れば、10歳にしては良い方だそうです(^_^)
そして、後ろ脚がフラフラするのは骨格的問題らしく、簡単に言えば関節の老化や人間で言う神経痛の様なものではないかと言う事でした。
季節的にも保温に努めるようにとアドバイス頂き、関節の炎症も考慮して注射と飲み薬も5日分もらいました。
内腿に小さなデキ物も有り、注射器で少し組織を取って顕微鏡で見て頂いたのですが、デキ物自体がまだ小さくて調べたい部分が上手く採取出来なかったそうです。
処方して頂いた飲み薬の効果で、そのデキ物もナリを潜める可能性があるらしいのですが、核が残っているのでいずれ再発する可能性が大きいようです。
高齢なので今後も慎重に診て行きたいとおっしゃっていました。
次は来週の火曜日に受診する予定です。
内臓が元気なので、取りあえずは急を要する状態でなく安心しました。
先生には、ローレンと言いマミーと言い『最近、デキ物ネタが多いですね〜』と笑われてしまいました(笑)




b0268228_9143556.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2006-02-10 09:21 | ウィペット