<   2007年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

駆虫薬

先日の駆虫の話の続き。



2日前に別の用事で、少し離れた町の獣医さんへ行った。



レティーの回虫の話をしたところ、フィラリア薬での駆虫は効果が薄いと言われた。



回虫は卵から成虫になるまで、約2週間ほど。
フィラリア薬を投与するのが1ヶ月に1度だから、回虫の成長サイクルから言っても完全に駆虫しきれないと。
ついでに言うと、フィラリア薬に含まれる駆虫薬は弱いと言う話だった。



相変わらず獣医さんによって意見が違うな~と思った。
結局は飼い主がどの獣医さんを選ぶかによって、診療内容や方向性が違うと言う事になるし、医療の知識がない飼い主がどの獣医を選び、どの診療を選ぶか自分で決めるしかないのだ。



人間性の良い獣医さんは信用したくなるし、相談もしやすい。
だからと言って診療方針が最適かと言えば、そうでない事もある。



重度な病気で、選択肢がいくつもあると言うなら仕方がない。
だけど、たかだか(言い方が悪いが)回虫や薬の効果についても意見が違うものなのか?



良くドッグランに行く子やアウトドア派のワンちゃんは、フィラリアとは別に駆虫はした方が安心かも知れない。



回虫には休眠と言うのがあって、筋肉内や皮下組織内で活動をしていないで休眠体制に入っている事があるとか…
そういう場合は駆虫薬でも下りないそうである。
そして、また活動を再開。



回虫はなかなか厄介だそうだ。








[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-19 11:54 | ペット

おもちゃ争奪戦

子犬達が1個のおもちゃを取り合っている。



何故だか、このおもちゃを与えると一斉に取り合いになる。



b0268228_5253993.jpg


ウサギのぬいぐるみだから、血が騒ぐのだろうか?(笑)




リンリン、すぐ横にベッドの入り口があるのに、何でそんな高い所を乗り越えようとするの?
おもちゃまでの最短距離を行ってるらしい(笑)



b0268228_5262755.jpg





レティー!!
何故にあなたが子供のおもちゃを争奪しようとするか~
全く困ったちゃんの母です(笑)



b0268228_5272448.jpg





流石は神様からの贈り物ゴッちゃん!!
別のおもちゃで一人遊ぶ~
なかなか生き方が上手だ(笑)



b0268228_5275969.jpg







もう疲れちゃった~っと、サンちゃん。



b0268228_5284569.jpg







いつも、こうやって膝に乗って来てはくつろぐ子犬達。
本日の1番乗りはリンリンでした~

b0268228_5293496.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-15 07:47 | ウィペット

回虫

今日、レティーと子犬達をワクチンに連れて行った。

検温・聴診をして、念の為にレティーは検便もしてもらった。

そしたら何と、レティーの便から回虫の卵が見つかった!!

5月から毎月、フィラリア薬(ミルベマイシン)を投与しているのに、卵があるとは先生も驚いていた。

顕微鏡での画像も見せてもらった。

ミルベを毎月投与している場合、回虫がいるなど考えられないと…

ミルベの駆虫薬に対して、回虫が耐性を持った可能性があると言う事だった。

子犬の場合はいつも、生後1ヶ月を過ぎた頃から定期的に駆虫するので今の所は問題ないが、レティーに関しては病院にある駆虫薬がミルベの含有成分と同じものばかりだったので、至急別の薬を取り寄せてくれると言う事になった。

感染ウィルス等でもワクチンに対して耐性を持ってしまい、大流行する事が稀にあるが、まさか回虫までとは…(^_^;)

フィラリア薬を投与している期間だから大丈夫だと、安心していられない事実を突き付けられた感じだ。

命に拘わる事ではないが、食欲不振や痩せる原因にはなるので、やはり年間を通して時々は検便や駆虫をしておくに越した事はないと思った。

先生は、ミルベを投与しているにも拘わらず回虫がいたとは、申し訳ないとしか言いようがないと…

でも、こんな事は誰のせいでもないし…

全く、回虫の生命力には参ったとしか言いようがない…(笑)
[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-14 01:56 | その他

設計

12月から田んぼの埋め立て工事が始まり、年明けから家の新築工事が着工となる。



今は設計を進めている段階だが、現時点で5パターンの設計が上がって、6パターン目が進行中。
なかなかもろ手を上げて喜べる設計が上がって来なく、却下却下で6パターン目…



屋根の形や外観は気に入っても間取りが気に入らない時や、またその逆も(^_^;)



住む人間や遊びに来た人達が快適に過ごす為にも、まず犬のスペースや道線を上手く作りたい。



大型犬を室内で飼った事がない設計士には上手く伝わらない部分もあり、なかなか私の理想としている形に上がって来ない。



面談の度に事細かく説明し、次回に期待するのだが(笑)



犬&私の部屋とLDKはタイル張りを予定している。



b0268228_5235082.jpg








INAXからペット対応の傷が付きにくく滑りにくいと言うタイルが沢山出ている。



ファミリーさんで、タイル張りにしている方に意見を聞いてみたところ、表面がザラザラし過ぎていると掃除が大変だとアドバイスを頂いた。



着工後にはこのブログが『マイホーム新築日記』になりそうだ(笑)



でも今後、ペット対応住宅として新築やリフォームを考えている方の参考になれば嬉しい(^O^)



果たして湿度が高く雪国である富山で、タイル張りで難なく冬を乗り切れるのか???



そもそも、我が家の建築工法でタイル張りが可能かどうか???



もしかしたら、失敗談が一番良い参考になるのかも知れない(笑)



設計上可能ならば、ウォークインクローゼットのようなバリケン収納スペースも作ろうかと考えている。



ただでさえ狭い部屋なのに、アフガン・ラブ・ウィペットのバリケンを置くと私の寝るスペースは?(笑)



一応2階に主寝室はあるが、やっぱり犬と近距離で寝た〜い♪



これだから、設計士さんを悩ませる(^_^;)



どうか…設計士さんが円形ハゲや胃潰瘍になりませんように…(@_@)



私が気に入ったタイルを貼ると、こんな雰囲気になる。



あえて目地を太目に取り、ラインを生かした感じ。



タイルの表面は木目調になっている。






[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-12 09:50 | 日記・コラム・つぶやき

いつもの事ながら…

いつもの事だが、しばらく様子見の為に残しておく子を決めかねている(^_^;)



男の子は2頭しかいないから、どちらか1頭を選べば良い…
だが、どちらも殆ど差がない!!
性格まで…



今までの子犬達だったら、生後1ヶ月を過ぎて活発に動くようになると性格の違いも見えて来る。
静かな子、ヤンチャな子、好奇心旺盛な子…



今回の子犬、どの子も同じくらいに明るくて活発で人に対しての興味が大きく人懐っこい。
物おじする子が1頭もいない…



ショーに出す場合、出来れば人や犬で一杯のあの騒々しい会場でも、普段と変わらない自分でいれる子の方が望ましい。



そういう子の方がリング内での動きがズバ抜けて良い。



キングやレティーがそんな子だ。



キングなんて出番前の待機中に、見ず知らずの人にデレデレ甘えたりしていた。



あの子はどこに行っても犬舎で過ごしているのと同じ様子だった。



今回の子犬達、性格だけ見るとどの子もショーに向いている(笑)



女の子4頭、小ぶりでコンパクトにまとまっている子が2頭。
それはそれで良い。



そして英国らしく骨量がありドッシリとした子が2頭。
それはそれで良い。



A氏なんて、とうとう暴走気味だ!!



リンリンは一番小ぶりで華奢な子なのだが、そのリンリンを残すと言った事があった。
A氏の今までの好みとは少し傾向が違う…



何故リンリンを残すのか理由を聞いてみた。



『顔が可愛らしいから〜♪♪』



(^_^;)(^_^;)(^_^;)



A氏に限ってそんな理由で残す訳がない(笑)



でもリンリンは、サイズ的にも良いしまとまりがある。
それはそれで有りなのだが…



あと2週間ほどで、決断しようとは思う。


[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-11 09:24 | ウィペット

歯科専門病院

友人でありファミリーでもある方から、HPの掲示板の方へ朗報が寄せられた。



千葉に動物の歯科専門病院が出来た。



面白い事に、その病院を立ち上げたのが人間の歯科大学だ。



その大学では以前から、動物の歯の研究もしていた。



破損した鳥のくちばしを再生したり、犬の歯の事も勿論…



鳥はくちばしが破損すると餌を食べる事が出来ない。
それを人間の歯科技工のように人工的に復元したりする。



その大学に通う学生さんに教えて頂いた話によると、犬の歯根はとても深い所にまで達していると言う。
犬歯に至っては目のすぐ下まで来ているらしい。
目の病気が実は歯の神経が問題だったと言う事もあると…



犬は虫歯の発生は極めて少ないが、歯石付着や歯肉炎予防の為に歯磨きをしている飼い主は多い。
その歯石取りの為にヒヅメやアキレスを頻繁に与えている方も少なくない。



しかし、硬いものを頻繁に与えると非常に早いスピードで歯は摩耗し、ひどい時は神経部分まで擦り減る。
もっと酷い事例では、歯に亀裂が入り真っ二つに裂けたと言うのがある。
アメリカでペットの歯学を勉強された獣医さんの話では、今の日本のペット医療では歯の専門的治療は難しいらしい。
大学の獣医学部でもほとんど学ばないと言う。



神経は目で見えないだけに、飼い主も気付かない事が多い。



人間でも歯の痛みは堪え難い。



歯の専門病院が出来る事は、本当に有り難い事だと思う。



最近、我が家のマーチンの歯が1本変色しているのを見つけた。
薄く赤紫っぽく、歯全体が変色している。
外側からの変色ではなく、内部からの変色だと素人目にも感じる。



痛みは全くないようで、硬いフードも食べるし冷たい水も問題なく飲める。



日常生活に何の問題もないが、神経の傷みの問題だとしたら将来的な事が心配…



その大学の学生さんに聞いてみた所、何か薬を飲んでいる場合は薬の影響で歯が変色する事もあるらしいが、マーチンは薬を常用していない。
多分、ぶつけたり強い衝撃を受けて神経に何らかの問題が起きたのではないかと…



近い内に県内の病院へ連れて行こうと思う。



アフガンのローレンやマミーの手術の時、ミミやキングが亡くなった時にも思ったが、いろんな経験をさせてもらってるな〜と…



人から聞くよりも自分の愛犬で実際に経験した事って、一生忘れない知識になるな〜って…


[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-05 09:57 | 日記・コラム・つぶやき

最近の子犬達

最近では子犬達の画像が撮れない。
部屋に入ると一斉に足元にまとわりついて、少しもじっとしていてくれない(^_^;)



姿勢を低くすると、抱っこ抱っこで膝の上に我先にとよじ登って来る。



今回の子犬達はとにかく人懐っこい(*^-^*)



今は甘噛みの一番ひどい時期だからピラニアの如く集団でアチコチを噛み噛みする。



b0268228_521842.jpg


b0268228_5213470.jpg


b0268228_521556.jpg

[PR]

by whippetsyndrome | 2007-09-02 05:47 | ウィペット